量販店の脱皮と得意客の大移動

 チェーン理論から個店経営主義へ、チェーン大手があいついて推進する抜本的な経営革新の目的は、「もの余り・店あまり」からの脱出です。

「好みのものを必要なだけ、生活を堪能するために」という生活編集=ライフスタイルニーズへの対応、地域密着から顧客密着へと店づくり(品揃え・接客・店舗環境)を転換することは、バブル崩壊高の小売業界すべてが直面している課題です。
ついに、手チェーン小売業といえども自社の経営方針を転換して対応する以外に方法がない、というところまで状況は進んだわけです。

地商店街では、例によって誰も口にしませんが、もちろん、地場小売業(個店経営)にもその集積である商店街にも「転換圧力」は押し寄せています。
しかし、この変化に対応しようという取組は、われわれが推進する「キラリ」を除けば、ほとんど見られません。
もともと、商店街の外側の変化については、あまり関心の無かった商店街ですから、チェーン企業の新しい取組も関心の対象にならないということでしょうか。
商店街だけでは無く、商店街活性化に関わる行政をはじめとする各方面も、商店街の外部の変化(お客の生活&競争)には、あまり関心がないようで、その結果、商店街活性化に関する外部環境の変化としては、人口減少、少子高齢化、コミュニティ問題といった、商店街レベルでは逆立ちしても取り組めない課題ばかり。

 こういう問題を前面に掲げて、ニーズの変化・競争の変化には一言も出ないと言うのは、競争環境に目を向けてもなにも出来ない、と諦めたうえでのことでしょうか。

 「もの余り・店あまり」からの脱却という小売業界全体に突きつけられている課題からら目をそらしていては、個店の繁盛実現も商店街の活性化への道も見えてきません。
大手チェーンですら創業以来の「成功法則=チェーン理論」を捨てて、「個店経営」へ舵を切るという大変革を余儀なくされているのは、いよいよこの課題に取り組まないと企業としての存続に赤信号が点り始めているからです。
商店街の皆さんはこのことが意味するところをよく考えないと。

既にショッピングモールの一部は、「商店街を目指す」という目標を掲げて取組を始めています。
その結果、テナントの「お得意さん創造」に成果が現れているということも聞きます。
成果が出れば拍車が掛かります。チェーン理論から個店経営への転換、これからどんどんスピードアップします。
人口が増えたり、商圏が拡がるわけではありませんから、商圏内で「得意客創造」が本格化すれば、お客の移動が起こります。
商店街、個店のお得意さんがある日来なくなった、と思ったら向こうのお得意さんになっていた、ということですね。ちょうど、大型店が相次いで出店していたころのように。
 当時のように目に見える動きではありませんが、影響は大きいですよ。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ