モール見立ての挫折

旧中活法(『中心市街地における市街地の整備と商業等の活性化を一体的に推進することに関する法律』)(平成10年)のスキームの目標として国が提唱した「ショッピングモール見立て」はなぜ挫折したか? 以下連続ツイート。参照文献:中企庁『TMOマニュアルQ&A』

まず なぜ今ごろ? をば。顧客維持ー生成装置としての小売業の在り方は、供給 ・需要両者の在り方と相即的に変化する。モール見立ては、消費購買行動と小売業における競争が相互作用的に変化する中で、陳腐化し、空洞化趨勢に陥っている都市中心部の商業街区を形成する商業等の活性化を推進、実現する「方向」として提示されたもの。曰く“中心市街地に立地する商店街等の商業機能を一個のショッピングモールに見立てて再構築する”と。

 推進の「方法」として設置されたのが「TMO」。
モール見立て は、TMOをショッピングモールのマネジメント機能に見立て、タウンマネージャーをショッピングモールのマネージャーに見立てる、という構成。この構成の先見性は、現在 、競争がさらに激化する中で、モールが「商店街見立て」を推進し、チェーン小売企業が「個店経営論」を採用するところに明らかであろう。
「顧客維持ー生成装置としての商業集積」の再構築が小売業界共通の課題となろうとする時代に、いち早く 自然成長的商店街から計画的顧客維持ー生成集積への転換が「活性化の方向と方法」として提唱されたことは高く評価される。
しかし、周知のとおり、この路線はほとんど見るべき実践を経験することなく、法改正と共にスキームから外された。

改正では 「モール見立て」の代替策は用意されず、アッと驚く、以後「活性化の方向と方法」は提示されず、各地の中心市街地活性化基本計画では、推進目標として「コンパクトシティ」「歩いて暮らせる」「歩いて暮らせる」などの曖昧な方向が掲げられている。これらは法の趣旨と整合していると見るか否か、論議されてしかるべきところ。

ともかく。 法改正にともなう 「モール見立て」の退場によって中心市街地における商業等の活性化の方向と方法は、計画主体が独自に構想することになった。その結果についてはここでは言及しないが、地方自治体がモール見立てに代わる「方向と方法」を独自に構想しうるはずもなく、活性化の数値目標として「通行量の○%増加」等を掲げる混迷に陥っていることは指摘しておかなければならない。

 さて、「モール見立て」はなぜ挫折したのか?
いよいよ本論だが、これはただ一言、「中身が なかった」ということにつきる。

 方向と方法としての「モール見立て」 には、肝心の中身が無かったのである。
目標であるモールとはどのような性格の商業集積か、なぜその実現を目指すことが活性化に繋がるのか、という基本的な説明が行われないまま、「中心市街地に所在する商業集積群の活性化は、「モール見立て」 、推進機関はTMOと示されても その趣旨を体した基本計画を作ることは出来なかったのは是非もないところというか、本来なら、基本計画作成の指導支援に招聘された専門家の役割だが、果たせなかったことは見てのとおり。
中心市街地活性化における 「モール見立て」の重要性の理解は望むむべくもないところ、ですからね。

 ということで、問題は、まるで流通業界が今まさに直面している共通の課題を先取りしたかのように提起された「モール見立て」に関わる謎、すなわち、ショッピングモールに見立てた再構築が提起された趣旨とせっかくの提起の中身が無かったのは何故か?という説明を要する問題があるように思われる。

「モール見立て」はなぜ挫折したか ?
第一に、それが提起された時点で趣旨が明示されなかったこと、
第二に、基本計画の作成段階で見立て論が重視されなかったこと、
第三に、法改正作業における見立て論の取り下げ、
という3段階の営為の結果としての挫折だったと判断される。
 特に残念なことは、法改正に於いて「見立て論」取り下げられたこと。
今日ではもはや現役の担当者でかって中心市街地活性化の方向と方法として 「見立て論」が存在したことを極めて少ないと思われる。先述のとおり、小売業界を挙げて「顧客維持ー生成装置」としての商業集積の在り方が「個店経営が形成する商業集積」へと収斂していく現状をみるとき、改めてその先見性が惜しまれ、再生が望まれる次第である。

 つか、どっちにしろ、われわれは今後とも 「モール見立て」を追求しますけどね。
「モール見立て」を放棄するならその代替索(もちろん、通行量等はとんでもない) を案出しなければならないが ・・・。
今、中心市街地ー商店街活性化の推進者、指導者が直面している課題は、チェーン小売業界の個店経営論、ショッピングモールの商店街見立てという「様変わり」を踏まえた「活性化の方向と方法」を再確立することだが、課題を理解するものは と~っても 少なく、趨勢を転換することは難しいのでは無いか。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ