コミュニティの担い手か、経済成長の担い手か

 高度成長期に地方都市の経済成長を牽引したのは、公共投資、談合、商店街の3点セットでした。
この3点セットが「域内資金循環→再投資可能性」を担っていたのです。
バブル崩壊以後、3点セットに代わる成長のシナリオは描かれていません。
これからの課題ですが、どう描こうともシナリオに「消費循環の担い手=地場小売商業(集積)の再構築(=活性化)は不可欠ですが、この文脈で商店街活性化を論じている関係者はわれわれ以外にはほとんど見当たりません。
ここを外して商店街活性化(経済活力の向上)は実現出来ないことは明らかだと思うのですが。
 本気で商店街を活性化したければ、「域内消費循環の担い手としての再起」をテーマに掲げ、広域の消費購買行動の受け皿としての商業集積としての再構築を目指すことが必要です。2015年の現在、このことを唱えるのがわれわれ以外に無い、ということをあらためて考えて見てください。誰も真剣に都市の持続可能性再構築の担い手としての商店街活性化へのシナリオを持っていない。
持たないまま、活性化事業と銘打って陳腐な販売促進事業に時間とお金を浪費するばかり。
身の毛がよだつ光景ではありませんか。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ