「商店街活性化」の定義

 商店街活性化の定義とは:
『中心市街地活性化法』に基づいて考えると
①維持(存続)に支障が生じている商店街に
②適切な施策を講じることで
③商業集積としての持続可能性を再構築すること。
(略して「商業集積としての持続可能性の再構築」)
 この定義は、『中活法』における中心市街地活性化の定義を商店街活性化に置き換えたものです。
ちなみに、『中活法』でいう中心市街地とは、
①都市の中心部の市街地のうち
②商業が相当集積しており、かつその状況から見て
③維持することに支障が生じている街区のこと
を意味します。
つまり、活性化が必要な商業街区のことであり、その活性化とは、商業集積としての再構築を意味します。
中心市街地活性化も商店街活性化も関係者で定義している人は、われわれ以外にはほとんどいません。
定義が必要だということさえ理解されていないのが、活性化に取り組んでいる人たちの水準ですね。

 さて、商店街活性化は、数十年にわたって取り組まれていますが、
活性化とは街がそうなることか、という定義に基づいて事業を組み立てて取り組んでいるところはほとんどありません。
定義が無いと、取り組まれる事業の目的も発揮入りしない、取り組んだ結果のプラス・マイナスも判断出来無いということは、何を意味するのか?
「活性化」という冠をかぶせた事業の繰り返しに継ぐ繰り返し。
いつも見ている風景です。

 皆さんも、自分たちで考えて『活性化とは街がどうなることか」しっかり考えて取り組まないと、これまでの取組を繰り返すことになります。それで結構という人は構いませんが。

 今後、関係者(学識経験者、専門家、行政や指導危難の担当者などの話を聞くときは、まず「この人は活性化をどう定義しているか」というところに注意すること。話のスタートで“定義”を述べない人は「ダメな人」ですからご注意あれ。

 もう一つ。
話の終わりに「だから勉強が必要です!」といわない人もダメですからね。
商店街があらためて商業集積として評価されるには、これからの商店街は如何にあるべきか、それを構成する個店の店づくりは?
ということをしっかり勉強し、技術を磨き、新しい店づくりを実現して行くことが不可欠、そのためには「勉強」の二文字が不可欠です。

 勉強無くして繁盛無し。キラリの合言葉です。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ