11/03のツイートまとめ

quolaidbot

@txpres となるわけですが、現実の活性化の取組はチェーン企業から顧客を奪還するという問題意識を欠いているため、地場小売業の活路を開くことが出来ません。「地方創生」も再投資力の維持・拡大から地場小売業の活性化まで視野におさめた取組が必要ですがどうなることやら、ですね。
11-03 17:47

@txpres 課題である都市の持続可能性の維持ないし再構築には、再投資力の維持・拡大が不可欠ですが、消費―所得循環の要である小売部門が域外本部のチェーン小売業に占拠左例たのでは戦略―\戦術的に選択肢が極めて限られます。地場小売業の振興―商店街活性化が都市経営上の重要課題(続
11-03 17:42

@txpres 岡田さんの「域内再投資力」は、域内経済循環の有り様に左右されます。この循環(所得―消費―所得・・)は、最終消費の場がチェーン小売業か地元企業(われわれは「地場小売業」と)の売り場なのかで、その後の資金の流れが大きく違います。域内再投資力となるのは後者の場合です。
11-03 17:17

@txpres 絞りこんだ研究書は見かけませんが、この3冊に基本的なことは書かれていると思います。商店街の有力な店舗がくら替えすると、商店街―地域経済にはマイナスですが、当該企業にとっては命がけの選択、難しいです。 https://t.co/BWDFXKm3OW
11-03 12:32

RT @domensingi: 科学技術が進歩しているのに、暮らしに困る貧しい人々が増え、経済格差が拡大する状況は納得しがたい不合理です。不合理を打破できない原因の一つに錯覚があります。②11
11-03 12:01

RT @domensingi: 自由に貯められるとする立場は、自己責任を不当に強調し、市場原理主義を盲目的に信仰する危険を生じます。その結果、グローバル化の進行が国内の経済格差拡大を助長していることを見過ごしています。②10
11-03 12:01

RT @domensingi: 経済学の根本部分に単純な錯覚があり、それが経済活動の事実認識を誤らせている ②4 皆で豊かに暮らすことは可能であり、その方法がある ②4
11-03 12:00

@txpres 両者の差異は大きいですよ。
11-03 11:58

RT @domensingi: 社会のあり方を問う選択肢を考えましょう。自己責任型社会と助け合い型社会のどちらを選ぶか―。貨幣経済を続ける限り、答えは「助け合い型」です。(略)貨幣経済そのものが高度の協力作業ですから、社会そのものも協力度の高い社会を構築していくしかありません。…
11-03 11:55

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ