10/12のツイートまとめ

quolaidbot

現状はひとまずカッコに入れ、原点(初心では無く)に立ち戻って個店経営のあるべき姿を考えて見るべきではないでしょうか?小売業―個店経営の原点=事業機会とは何か?#繁盛店への道
10-12 16:09

個店経営の孤独。業績が低迷し、かつ、打開策が考えられない。周囲や業界を見ても希望が無い。しかし、このまま敗退するわけにはいかない。何を為すべきか? #繁盛店への道
10-12 13:37

ここに至るまでには、さまざまな販売促進に取り組んで来ました。商店街が取り組む販売促進事業への参加、自店独自の取組、川上との協働等々。しかし、効果はほとんど得られません。メディアやネットを見ると、個店経営の業績低迷は全国的な趨勢となっており、我々に明日は無いのか?#繁盛店への道
10-12 13:28

現在、地場中小小売商業(以下「個店経営」という)のほとんどが、大きな問題に直面しています。「業績不振に陥っており、脱却するには相当の努力が必要だが、努力の方向と方法が分からない」という問題です。不振の中味は、客数減・客単価減というダブルパンチ。#繁盛店への道
10-12 13:23

最優先で取り組まなければならない「個店の繁盛実現」を他の事業(イベントその他の販売促進)の結果として実現出来るという誤った考えで取り組んで来たからです。個店の繁盛実現は、個店の売場づくり、品揃えの最適化に取り組まない限り絶対に実現出来ません。
10-12 12:09

店揃え(テナントミックス)の最適化には、当然、空き店舗の活用も大きな課題ですが、優先順位としては既存個店群の繁盛実現、それも商店街が目指す商業集積としての一体的な店揃え・売り場揃えを担う方向での繁盛を実現することが最優先の課題です。これまでの活性化が成功しなかったのは、(続
10-12 12:05

こと。したがって当然、既存個店の売場・品揃えも【最適化】の対象になります。というか、今すぐ繁盛への道を切り開きたい各個店にとって、この問題は極めて切実です。個店の売場・品揃えの最適化と商店街の店揃え・売り場揃えの最適化、ピッタリ重なる取組、これまでの活性化には無かった視点です。
10-12 12:01

【中活法】の『中心市街地の活性化に関する基本的な方針』には、“中小小売商業者の競争力の根幹は業種揃え・店揃えの最適化” であると書かれています。テナントミックスですね。これはもちろん、空き店舗に欠業種を誘致する、といった話では無くて、商店街の売り場揃え・品揃えを最適にする(続
10-12 11:58

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ