10/10のツイートまとめ

quolaidbot

変わるだろうが、その結果、商店街が活性化に向かう=持続可能なレベルの売上―粗利を実現する方向に向かう可能性はまったく保証されない。本来、こういう話がキラリの取組の中で出て来ることは無いのだが、行政の新任者からの質問。
10-10 12:57

「人の流れを変える方法は?」という話が出た。A地点からB地点に向かう既存の通行を途中からCに向かわせたい、と。いうまでも無くC=空洞化著しい商店街。「買物」に関してわざわざ出かける理由を作る以外に方法は無い、というのが我々の答え。そら、集客力のある施設を作れば人の流れは
10-10 12:11

第三、キラリ着手時点で「商店街活性化の最後の切り札」という挨拶が異口同音に繰り返されるが、着手=取組の持続が担保されないと「最後の切り札」は言ってみただけに終わる。他に切り札は無いので商店街は活性できないことになる。キラリが最後の切り札なら、万難を排して取組を持続させること。
10-10 12:06

第二、空店舗活用事業やコミュニティの担い手として取り組む事業は、「商店街の商業集積としての再構築」という活性化を実現するためのプロジェクトに適切に位置づけないと、活性化の進展をスポイルする。コミュニティ施設を設置して賑わい創出→売上向上実現というシナリオは、まず、実現出来ない。
10-10 12:01

@domensingi 投資→貯蓄。では投資の源泉は? というと、これは何でもあり、ということでよろしいでしょうか?
10-10 11:55

このところの「キラリ」で感じるところを連続ツイート。第一、「商店街」という地縁組織レベルで取り組める事業は、共同施設の整備と共同販促事業。その上位に位置し、商業集積としての再構築を目指す「活性化」は、地縁組織では取り組めない。
10-10 11:54

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ