FC2ブログ

【ゆめタウン別府】の誘致 別府市の挑戦

 『ゆめタウン別府』誘致と中心市街地活性化

既報のとおり、当社サイト【商店街起死回生】コーナーで取り組んでいます。
このほど大幅に手を入れ、分かりやすくなりました。

 同市は中心市街地活性化の起爆剤としてRSC《ゆめタウン別府》の誘致を決意したのですが、果たして結果は吉と出るか、凶と出るか。
もちろん、成功のカギを握っているのは《ゆめタウン》ではなくて、関係各方面の皆さんが何を考え・どういう動きをするか、ということにかかっています。
興味のある人はサイトへどうぞ。

 予定外の展開で、「ショッピングコンプレックス」にまで言及する流れになっていますが、中心市街地所在の商業集積群を「面」として事業の対象にしていくなら、当然、この「面」をどう把握するか、という課題があり、これまであまり問題にならなかった「商業を街区全体として理解する」をいう作業が必要です。
 別府市の場合、商業街区を「ショッピングゾーン」と呼んでおられ、それで良いと思いますが、中身の理解が問題です。

 中心市街地の商業街区と言えば、商店街(最寄り・買い回り・両者が混淆したものなど)、百貨店、ファッションビル、GMS、SM、カテゴリーキラー等々が混然立地しています。(これに新たにRSCなどが加わるのが「A&B」)
 各集積・施設は、それぞれが計画的ないし自生的に「業容」を作って、お客に対してさまざまな「デスティネーション」を提供しています。中心市街地のショッピングゾーンは多様なデスティネーションから成り立っているわけです。

 これを全体としてどうとらえるか?
言うまでもなく、中心市街地に展開している小売商業機能は、中心市街地を代表する「都市機能」であり、これを活性化することは、都市機能の増進と経済活力の向上という中心市街地活性化の趣旨そのものですが、従来の個別商業施設や単位商店街を対象に「点」や「線」の取組と「面」の取組はどう違うのか?

 この「面」全体に拡がっている多様なデスティネーション間に「回遊の創出」を目指すわけですが、なかなか簡単にいく話ではありません。まず、それぞれのデスティネーションの理解からから始まり、各デスティネーションの区別と連関を把握し、回遊にむすびつけていく・・・・という構想を立案し、事業計画に落とし込んでいく・・・。
これが『中心市街地活性化基本計画』の本当の仕事ですが、従来取り組んできた個別商業施設や単位商店街を対象にした、いわゆる「点や線」の取組と、中心市街地の「面」の取組とはどう違うのか? 
このあたりをよく考えておかないと、「賑わい創出」や「回遊性創出」などが“言ってみただけ”に終わってしまいかねません。
別府市のケーススタディは、『商業活性化理論』の検討も含みつつ、まだまだ続きます。

ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ