09/25のツイートまとめ

quolaidbot

だから、コンセプトを作るのはそれなりに技術が必要ですし、出来上がったコンセプトを導きにお店を整えるにも技術が不可欠です。コンセプト作り、店づくり、どちらも技術抜きでは語ることが出来ません。
09-25 21:49

初対面で、まずコンセプトを作りましょう、と提案したり、このお店のコンセプトは?と質問する人がいますが、コンセプトを知らないから言えることでです。コンセプトは、お客から見れば自分にとってのこのお店の存在価値であり、お店にとっては、お店を持続するための店づくりの基準です。
09-25 21:47

その商品をお客の生活に持ち込んだら、お客の生活はどう変わるか?お客さんと共通のサークルに位置すると見えてきます。それも「#見える・化」の一環です。
09-25 21:43

「キラリ」では接客についてはノウハウは不要と考えています。「#見える・化」が進むにつれて、巧まずして、自然に笑顔が生まれ、笑顔でお客さんに接することが出来るようになる。不思議。たぶん、見える・化が進んだお店を見てもらうのが嬉しいからでしょうね。
09-25 21:40

売れるのはよい商品では無く、お客が良いと認めた商品だ。と誰か言ってましたよね。
09-25 21:34

吸い込まれるようにお客が入って来るには、店前を歩いている「潜在顧客」に、“思わず入って見たくなるお店” として認知されることが必要です。そんな風に見えるお店を作ることが先決。#お客に見える店づくり、ですね。チャレンジする時の合言葉が「#見える・化」。
09-25 20:10

住む人・来る人を増やせば商店街は活性化する、は活性化の第一人者とまで言われた藻谷浩介氏のご託宣(論拠無提出)ですが、真に受けて取り組んでも成果が全く挙がらないのは、商店街の店舗群が、「吸いこまれるようにお客が入って来る店」を実現出来ていないから。#お客に見える店づくり
09-25 20:04

お店の前を今まさに通り過ぎようとしている人が、ちらっとお店に視線を向けたら、!!!、何に、このお店!と吸い込まれてくる、というのが通行量増大事業の意味するところですね。「何に、このお店!」が成立しないと、「通行人」が来店客に転化することはあり得ません。#お客に見える店づくり
09-25 20:00

「#キラリ輝く繁盛店づくり」 通行量を増やせば中小商業者の事業機会が増大する” といいます。もちろん間違いではありませんが、実際にその事業機会が獲得されるには、立地するお店が “吸い込まれるようにお客が入ってくる店” として作り込まれていることが前提です。#お客に見える店づくり
09-25 19:53

難しそうですが、そんなことはありません。来店目的の単品だけ買ってもらうだけでは客数がもっと必要ですし、来る度にあれこれ買えるお店なら、繰り返し来店したくなる、ということもあります。#得意客生成装置
09-25 14:44

限られた条件の下で営業する「個店経営」の店づくりは、店舗を「#得意客生成装置」と見立てて仮説-試行法で不断に改革改善していきますが、その根本には、個店経営の条件から必然となる「繰返し来店を訴求して品揃えを売る」という「宿命」があります。
09-25 14:40

お気づきのとおり、我々は最近、地場小売業を「個店経営」と呼ぶことにしています。地場小売業=地域住民(所有)の地域住民(担い手)による地域住民(顧客)のための小売業。地場・独立自営・中小小売業のことです。この様な特徴を共有する小売業を「個店経営」と呼びます。#特客生成装置
09-25 14:37

個店経営が粗利を確保し続けるためには、1.お客に繰り返し来店してもらい、そのたびにあれこれ買ってもらうという条件を作らなければならない。鉄則がありまして、2.単品を買いに来たお客に品揃えを買ってもらうということ。個店経営が成立するための基本条件です。#得意客生成装置
09-25 14:28

個店経営の事業目的は、個店経営の数だけありますが、目標は唯一、個店経営の目的を実現し続けるために必要な「粗利(付加価値)」を獲得し続けること。売上では無く粗利。粗利を確保することが個店経営=「お得意さんご用達」の目標。「お得意さんご用達」は粗利確保の手段。#得意客生成装置
09-25 14:27

RT @takeoquolaid: 再開発ビルは何故成功しないのか http://t.co/rEBXqtXMne
09-25 13:32

繁盛を実現することは、取組方を間違えなければ難しいことではありません。「見える・化」の取組、お客の視点でお店の問題点を「見る」ことが出来る様になれば、その問題は意外と簡単に解決することが出来ます。「見える・化」に取り組んだ間に技術が向上しているからです。#得意客生成装置
09-25 12:10

「見える・化」に取り組むと「お客の行動」が見えるようになります。お客の行動の理由が推測出来るようになり、お客の「問題」が見えるようになります。問題が見えれば解決の支援が容易になります。その過程でこれまで気づかなかったお店の「問題」も見えるようになります。#得意客生成装置
09-25 11:56

「見える・化」は、お店の「見え方」を変化させる作業を通じて、お店の「あり方」を」変え、経営の「成果」を向上させる体系的な方法です。「見え方」が変わると「イメージ」が変わり「行動」が変わります。取組の成果は、お客の行動が変わるだけではありません。#得意客生成装置
09-25 11:50

お得意さんは売場で生成される。考えてみれば当たり前のこと。“わたし、ここのお得意さんになるからねー” などと言いながら入ってくる一見さんはいませんからね。#得意客生成装置
09-25 11:39

工夫する目的は、「思わずお客が店に入ってみたくなること」です。そのためには何が必要か? 入って見たい、と思わせること、入って見たくなる店内を演出してアピールすることが必要です。「+アルファ」の条件を作って入店を促すと、お客はそれを目的に入退店します。買物客への転化は起こらない。
09-25 10:06

「通行量増大のための事業」の目的は、増えた通行客がお店に入ってショッピングをしてくれること。実現するには「通行量」を「ショッピング客」に転化することが必要ですが、これまでの取組で誰もが確認しているとおり、通行人→から入店客への変化は自然に起こることはありません。工夫が不可欠です。
09-25 10:00

街がショッピング空間としての賑わいを取り戻すには、集客努力と並行して「ショッピングを楽しめる店」を増やして行くことが必要です。既存の各個店の店づくりに取組、魅力を向上させること。この努力をせずに、商売繁盛を実現することは出来ません。ご承知のとおり。
09-25 09:57

経営技術を転換、あるいは向上させない限り、どんなに集客努力を重ねても、買い物客、回遊客の増加=恒常的な賑わいを実現することは出来ません。街の恒常的な賑わいは、日々繰り返される買い物客の回遊(=買い回り、とおりを「通貨道路」では無く「楽しむ空間」として利用する行動)が実現します。
09-25 09:54

イベントや集客施設の整備など、ソフト・ハードの集客事業の成果が「恒常的賑わい」を実現出来ないのは、それらの事業が悪いからでは無く、集客事業の成果を自店の得意客増加に結び付けられない、各個店の経営技術が十分ではないからです。
09-25 09:47

通行量を増やすための事業が絶対ダメとは思いませんが、これが活性化のメインの事業で良いのか? ということです。jほかにもやれること、やらなければいけないことがあるのでは無いか? 「商売繁盛」の絶対条件=「売れる店づくり」という大問題は、“個店の責任” では済まされない大問題。
09-25 09:40

通行量を増やして商売繁盛を実現する、というのは明らかに「衝動入店、衝動買い」狙い、期待しているのは、入るつもりの無かった店に入って買うつもりの無かった商品を買ってもらう、ということです。活性化策の大本命ですが、繁盛していない店に衝動入店し、衝動買いしてくれると本気で思ってますか?
09-25 09:37

「商店街を取りまく環境が大きく変化している、変化に対応しないと生き残れない」という言葉はいつも聞かれるが、環境はどう変化しているのか、それはなぜか、ということが突っ込んで話されることは無い。眼に見える“通行量の減少”への対策に終始することになる。
09-25 09:29

中活法のスキームによる商店街活性化の成功事例は巣鴨地蔵通商店街。ただし、成功事例とは誰でもどこでも模倣出来るということではない。巣鴨はなぜ活性化に成功したか?その条件は、あなたの街の場合、どう考えるべきか。
09-25 05:40

実用品とは生活の中であなたがいつも使っているもののこと。
09-25 04:21

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ