新事業「個店経営支援」スタートします

ご承知のとおり、当社は創立以来、中心市街地・商店街活性化の支援を
メインに活動してきました。
商店街に立地する既存個店の自助努力を組織的に展開することで商店街
活性化の可能性を実証し、取組を普及拡大し商店街―中心市街地の商業
街区全体の活性化を実現する、 その方法が
【商店街活性化を牽引するキラリ輝く繁盛店づくり】
です。皆さん既によくご承知のとおり。

 今後当社は、事業活動の枠を拡げ、【個店経営に対する支援】に取り組む
ことにいたしました。二つの理由があります。

  第一に、商店街活性化の本格的な取組が,予想に反して進まないこと。
繁盛可能性を実証することで、商店街組織、行政をはじめ関係各方面、都市
内外への普及拡大が実現すると考えていましたが、速度が出ません。
原因は、商店街活性化が定義されておらず、なぜ活性化が必要か、そのため
には何に取り組むべきか、という【目的と論理】が共有されておらず、時々の
担当者の思いつきで事業メニューが変わって行く、というあり方が払拭されない
こと。【可能性の実証】が目の前で起きてもその意味するところが理解出来ない。
 
 このままでは【キラリ輝く繁盛店づくり】が従来的な活性化事業のパターンに
飲み込まれかねてしまいかねません。そうするとこれまで折角取組、成果を挙
げてこられた皆さんの成果が拡大するどころか、しぼんでしまうことにもなり
かねません。
 
 第二に、これまで【キラリ】を知りながら、取り組む機会が無かったさんの存在
です。
これまで通りに活性化(販売促進)事業につきあいながら、自分の店と商店街を
確実に衰微させていく趨勢にしたがうわけに行かない、という人たちがいます。
機会を得れば自店の繁盛と街の活性化を牽引していく可能性を秘めている人
たちが、機会に恵まれないために【繁盛への道】、【活性化への道】に取り組む
ことが出来ない。意欲も能力もありながら、個人ではどうしようも無い壁があって
【キラリ】に取り組むことが出来ない、そういう人たちを従来的な、実りの無い
従来的な活性化事業の担い手として犠牲にするわけにはいきません。
この人達の進むべき道の切開の支援を通じて、【商店街活性化への道】の
隘路を突破する、というわけです。

 新しい取組は要するに、商店街活性化への現在のところ、唯一の方向と
方法である。【キラリ輝く繁盛店づくり事業】に着手出来るめどが立たない、
いつになるか分からないスタートを手を拱いて待っているわけにはいかない、
という状況にある個店経営者に【自店の繁盛実現】にチャレンジする機会を
提供し、みごと繁盛を実現してその勢いで商店街の取組にチャレンジしよう
というものです。

 まずは、自店の繁盛実現に取組、繁盛への軌道に確実に乗せること。
現状から軌道に確実に乗るまでの取組をしっかり支援します。
そして時期が来れば、この人達が自店を繁盛させたノウハウをもって、
「商店街活性化への道」の【道案内】を務めていただく、ということを視野
に入れた取組です。

 商店街全体の取組への波及が出来ない場合でも、自店の繁盛・持続
可能性の構築は必ず実現することが出来る、というのがこの取組の最大
の特徴、例え商店街が消滅するようなことがあっても自店だけは現在の
立地で経営を持続することが出来る、といくのが【キラリ輝く繁盛店づくり】
の他とは異なる大きな特徴です。

 取組の内容は、個店経営に関する支援、特に現状のありのままから
スタートしてコンセプト主導の店づくり(品揃え・提供方法・環境)を最善の
状態に作り上げる、それを維持していくために必要な理論と技術を店内に
定着させるトータルの取組。
スタッフの人材育成を含むこれまで例の無かった画期的な取組です。

 興味のある方は、メールでお問い合わせを。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ