FC2ブログ

「基本計画」 最終の認定は・・・

 新スキームのウリの一つは、総理大臣による認定という制度です。

 認定を得た基本計画にはその推進について手厚い支援が得られるということで、業界では「認定を突破する秘訣」などが云々されていたりするようですが。

 問題は、出来上がった計画が都市及び周辺の住民から「買い物行き先再構築基本計画」として認定してもらえるかどうか、ということでありまして、もちろん、認定権者・総理大臣が消費購買客に成り代わり、基本計画段階の「買い物の行き先」を精査して、“これならOK”ショッピングにうるさくなっている消費購買ニーズも帰ってくるに違いない、と太鼓判を押してくれたわけではありません。

 恐ろしいことに、地元買い物客による「認定」は、計画が相当程度進捗し、巨額の投資と膨大な時間を費消した事業の成果がお客の目の前に“これでどうだ”と見えるようになった段階ではじめて下される。この時点で「(自分たちの買い物行き先として)認定しない」と言われたら万事休す、です。
やっぱ、そうだったか、と思い当たっても遅すぎ。
 
 ということで、
目下作成中の「基本計画」にあたる皆さんの自己評価の合い言葉は“この計画が実現すれば消費者に「買い物行き先」として認定してもらえるか?”ということでなければならない。

 さしあたって、家族・友人・知人に“「賑わい」を作り「回遊」を発生させ、「店前通行量」を増やすんだけど、買い物来てくれるよね?”
と聞いてみるのはいかがでしょうか?

“楽しいショッピングが出来そうじゃん、絶対行くよ!”と返事が返ってくればいいのですが・・・。

 基本計画の成否、究極の認定は総理大臣ではなく、地元の消費者がおこなうのだということをお忘れなく。

ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ