国の活性化施策の泣きどころ

 商店街―中心市街地活性化については、言うまでも無く、日本国の
一大プロジェクトです。
高度化事業を中核に数十年にわたって展開されている、中小小売商業
の振興、その集積としての商店街の活性化ですが、ご承知のとおり、
なかなか成功事例が出ません。
提供されている個別の補助事業については、成功(あるいは竣工)事例
が続出しますが、その結果、商店街が活性化した、商業集積としての
持続可能性の再構築に成功した、成功しつつある、という上位レベルの
成功事例はなかなか現れない。

  商店街という一般に衰退趨勢に陥っている「商業集積類型」が、単発
的な施策で起死回生する、ということは絶対に無い、と断言することが
出来ます。(その理由はまた今度)

 商店街が再生するためには、再生へのシナリオを描き、ロードマップを
作成し、事業に取組みその成果を一個一個積み上げていかなければ
ならない。
商業施設における活性化の取組の成果と言えば「顧客の増加」。
新しい顧客を創造することが、「活性化」の目的、新しい顧客が増加する
趨勢が確立してはじめて「活性化」に成功しつつある、というわけです。

活性化の取組は、段階的、漸進的であり、かつ、成果が蓄積されて
行かなければならない。
これは大鉄則です。

従来の取組では、「顧客の創造」はプロである個店の仕事とされています。
行政の施策は、個店レベルでは対応出来ない(顧客創造のための)条件
整備、ということになっています。
街区の整備、組織活動に対する支援など。

期待した成果が挙がりません。
支援を続けている間も商店街の景況は回復するどころか、衰退趨勢は
一向に好転する気配が無い。
施策が「顧客創造」に結びついていないからです。

なぜか?
上述したように、商店街の活性化は、「顧客の増加」によって実現される
ものですが、実際には基本的に個々のお店の「お得意さんの増加」を
通じて、その集大成として実現するものです。
活性化が実現できないということは、とりもなおさず、提供され、取り組ま
れている各種事業が「個店のお得意さんの増加」につながっていないこと
を意味します。
なぜつながらないのか?

答えはたった一つ。
お店が「お得意さんを増やす」「顧客創造の場」としての機能を失っている
からです。
ここを無視していくら「条件整備」に取り組んでも、条件を」活用する機能
が劣化していたのではどうにもなりません。

街なか居住の提供、公共交通の整備、コミュニティ機能の新設、賑わい
イベント等々 条件整備は進みますが、肝心の「顧客創造機能」が旧態
以前のままでは商業集積としての再生=恒常的なにぎわい創出は出来
ません。

商店街―中心市街地活性化の施策が、個別事業は成功しながら全体
の成功に結びつかないのは、肝心カナメの「顧客創造機能」である個店
群の売場がその機能を発揮出来ないから。
理由はハッキリしています。

さらに、その機能を活性化する方法・ノウハウも分かっています。
我々が推進する
「キラリ輝く繁盛店づくり」、「商店街活性化への5つの階段」
こそが今現在、その気になりさえすれば今日にも獲得出来る活性化
への道です。

商店街は本当に活性化出るのか?
可能性実証キャンペーン、これからいよいよ本番です。、


コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ