09/04のツイートまとめ

quolaidbot

堂免先生のフォロワー増えませんね。何でだろ~。 https://t.co/0DvcdwlPUa
09-04 20:59

商業集積としての維持に支障が生じている商店街は、子育て支援、高齢者支援、買い物弱者支援、婚活支援等々の支援事業に取り組むが、第一に取り組むべきは自店の繁盛実現では。自店が繁盛すると自分のため、お客のため、その他世のため人のため大いに貢献するが、○○支援の成果のほどは定かでない。
09-04 20:54

学識経験を買われて活性化界隈で活躍される皆さんのうち、商店街の活性化に理論の修得が不可欠なことを助言しない人には、理論が不要なことを論じていただきたいもの。
09-04 20:40

中活法のスキームにおける商店街活性化は、無計画に集積(非計画的商業集積)している小売店群の自助努力を組織化し、全体を「計画的商業集積」へ進化させること。これが「ショッピングモールに見立てた再構築」。有効性を失っている各個店の自助努力の内容の転換は必須だが、自覚した取組は少ない。
09-04 07:38

理論を装備していなければ、学者と言えどもアドバイスの内容は論理性を欠いた、思いつきレベルに終始するかも。思いつきにエビデンスを確保するのが学問のような気もするが。
09-04 02:43

活性化実現のモデルが欲しいなら、まず机上で作って見ることになるが、その作業には当然、しかるべき力量を備えた理論を持っていることが前提になることが分からないらしい。
09-04 02:38

内閣府秋のレビューでレビューを担当した学者さんたちも、ちょっと見、厳しい意見のように見えて、理論が必要だ、とか、商業者をはじめ関係者は理論を学ぶべき、というコメントは皆無。そう言えば、フォーラムなどもそうですね。早く「理論なくして活性化なし」という常識が定着するといいですね。
09-04 02:32

商店街活性化には理論が必要だ、不可欠だというごく当たり前のことをいう商店街活性化支援の専門家・関係者は稀少、特に東京には、管見の限り、ほとんど皆無では無かろうか。東京にいなければ、自分のアタマよりも東京を頼る習性のある地方都市にも少なかろう。
09-04 02:25

皆さんには真似たり差別化したり出来る競合関係にある存在が無いからです。
09-04 02:15

一般に小売業は一般理論無しで経営可能です。同業他店あるいは業種業態を問わず、競合関係にある企業・店舗との関係を計りながら店づくりをすることが出来る。しかし、商店街に立地する皆さんが改めて繁盛しようと思うなら、しかるべき商業理論を修得ないし創造しなければならない。
09-04 02:12

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ