09/02のツイートまとめ

quolaidbot

高度化事業は、中小小売商業の高度化を目的に取り組まれますが、高度化事業に取り組めば、即、小売業として高度化する、ということではない。例えば、駐車場を整備したからといって小売商業としての機能が(顧客から見て)高度化したとは限らないわけで、売買接点機能の高度化は必須条件です。
09-02 20:56

こちらも既出ですが。いずれも旧整備改善活性化法当時のマニュアル。法改正後は継続版は出ていません。タウンマネージャーを設置するなら、これらが基本スキーム。必須知識の追加:「高度化事業」は、その “光と影” をしっかり理解すること。 http://t.co/7NUfffq0lp
09-02 17:53

商業系の知識としては、“商店街活性化の方向=モールに見立てた再構築” というときのモールとは何か? 広域商圏に位置する各種商業施設の分類などは手のひらを指すように弁えておくこと。それらを横目に見ながら商店街まで買い物に来てもらう条件を構築するのが任務ですから、当然ですね。
09-02 17:18

タウンマネジメントの基本図書。中活法―基本方針―『実務』の内容はアタマに入っており、必要に応じてスラスラ出てくることが肝要ですが、.それだけでは何の役に立ちません。スキーム稼働に不可欠の商業・組織・計画等々実務に関わる知見・技術は不可欠というのがタウンマネージャーさんの必須条件。
09-02 17:14

当社、たまにメディアの取材を受けます。商店街で繁盛店づくりに取り組んでいる現場若しくはWeb経由です。「商店街活性化は無理」というテーマで検索したら、#商店街活性化の七不思議 が引っかかって、というケースも時々。
09-02 17:03

有志所有の不動産のリノベーションが得意です、というレベルの話では無いですからね。中活法のスキームは丸ごと押さえておくこと+「商店街を商業集積として再構築する」ために必要な知識・技術が絶対条件になります。部外の各種の肩書・資格を持っている専門家で条件に合う人は多くないですからね。
09-02 16:46

活性化協議会における調整担当という位置づけも聞きますが、軽く考えるととんでもない。調整といってもいろいろな意見の中を取るとかいう話では無い、基本計画―中心市街地活性化を実現する、という立場で当面の状況をどう調整するか、ということ。当然、所要の知見技術は不可欠です。空き店舗や
09-02 16:41

近年任命されたタウンマネージャーさんは、自分の職能についてほとんど理解していないのでは。既存の基本計画、空き店舗減少の数値目標の達成程度では「商店街活性化」という上位職責は果たせません。雲をつかむ様なお話しなので、まずは基本図書をば。 http://t.co/M5DrysCVcy
09-02 16:37

#商店街活性化の七不思議 プラス1 TLで、通行量が増え、居住人口・通行量が増え・空き店舗が減ったのに、売上が激減した街があって「謎」とのこと。いったい、どこが謎かしらね。環境は変わったが入りたい店、買いたい店は増えず、他の要因が作用して陳腐化がさらに進んだ、ということでしょ。
09-02 16:15

#商店街活性化の七不思議 その七について。やっと最近ちょっと聞こえてくようになりました。しかし、「売れる店」づくりには条件があって、無条件即ち、業種業態を問わず、現在の業績を問わず、新規投資は不要、誰もでこうすれば繁盛出来る、という「売れる店」でないと活性化策としては不適です。
09-02 16:04

#商店街活性化の七不思議 その六について。指導者の真偽を見破るには。今ここで話題にしている「商店街の七不思議」を説明して、“こんなことじゃ活性化はできませんからね” と言えるかどうか。聞いたことがあります?
09-02 15:59

#商店街活性化の七不思議その五について。イベントで通行量を増やすのは組合の仕事、通行人をお客にするのは個店の仕事、というのは役所から組合まで共通の大前提ですが、通行人を入店させる、買い物させる、得意客にする、という力が個店にあったなら、そもそも商店街は空洞化していませんね。
09-02 15:57

#商店街活性化の七不思議その四について。図書館、学校、ハローワークetc そら、人は来るでしょうけどその人達が既存の商店街のお店でショッピングをしてくれるかどうかは別問題。当てにしてたのに外れた、という事例は多いですね。
09-02 15:53

#商店街活性化の七不思議 その三について。活性化が必要な事態に陥っている人が、そこから脱却する適切な方法を知っているとは考えにくい。分かっているならさっさと取り組めばいいんですから。古き良き時代を思い出して「昔は通行量が多かった」「通行量だ」とおっしゃっても真に受けないように。
09-02 15:50

#商店街活性化の七不思議その二について。活性化が定義されていない=本当にやるべき仕事が分からないまま、活性化事業として世間一般に通用しているメニューに取り組んでも、一回性の事業一発で成果が残るはずも無く、結局、活性化とは活性化事業に取り組むことだ、レベルの取組が多いのでは。
09-02 15:47

定義していない=内容が分からないことを実現するための取組を何を頼りに企画するのでしょうかしらね?
09-02 15:42

#商店街活性化の七不思議その一について。あなた自身はちゃんと定義してますか? 自分は新参者で分からないが、先輩は定義しているのでは? と思った人、イーエ、みんなあなたと同じ考えなんですよ。「活性化」だけではなく、「にぎわい」も「高度化」も定義されていない。
09-02 15:41

#商店街活性化の七不思議その七 ここまで来れば、「売れる個店、繁盛店を作て可能性を実証しないと先に進めない」という声が挙がって当然だが挙がらない。特に商店街、商業者から切実な意見として挙がってしかるでしょうけど。挙げると自分の責任になるから? そんなことはないですよね。
09-02 15:32

#商店街活性化の七不思議その六 「指導者」は本当に活性化を指導出来るのだろうか?いろいろな肩書きの支援・指導の専門家が出入りしますが、ホントに活性化を指導出来るのか? 「活性化」の定義も持ち合わせていないようだが・・。
09-02 15:28

#商店街活性化の七不思議その五 売上不振に陥っている個店に“店前通行量をお客にするのは個店の仕事” と一番重要な仕事を丸投げしている。それができる個店ならちゃんと繁盛してますよ。
09-02 15:25

#商店街活性化の七不思議その四 商業以外の集客施設を整備すれば商店街は活性化する?確かに通行量は増えますが、増えた分はショッピング客では無い。この人達を入店―ショッピングさせるのは、イベント客同様に難しい。
09-02 15:23

#商店街活性化の七不思議 その三 活性化が必要な商店街が活性化事業のメニューを決めている。事業メニューは、商店街に対するヒアリング調査などで決まったりします。
09-02 15:20

#商店街活性化の七不思議 その二 活性化に取り組んだ話はよく聞くが、成功したという話はほとんど無い。個別の事業をやり遂げた、という話はあるがその結果街はどうなったのか・・・。一店逸品、まちゼミ、百縁商店街その他。
09-02 15:17

#商店街活性化の七不思議 その一 「商店街活性化」とは商店街やそこに立地する各個店がどうなることか、誰も定義していない。
09-02 15:14

仮説―試行の現段階として当社が提案している「始めの一歩」が別添の企画。「始めの一歩」ではなく、正確には「あらためての第一歩」です。取り組めば文字どおり問題状況変化の第一歩ですが、実施決定までの「合意形成」段階が複雑。 http://t.co/zPyV0mi4nu
09-02 11:27

商店街活性化。主導の責務を負っている地方公共団体、事業の命運を賭けて主役を張る商業者、バックアップを事業機会にする営利事業者(当社とか)。三者三様の問題状況に陥っており、取組が進展しない。動き出せば雲散霧消する類いの問題ばかりですが、始めの一歩が難しい。
09-02 11:19

ものがなかなか売れない時代、売れる売場・店舗・商店街の「作り直し」のお手伝いが我々の任務。売れる店づくりは、お金を掛ければ出来る、というものではありません。まずはお金を掛けずに出来る「仮説―試行」から始めましょう。昔と違って真似る対象=繁盛している同業他店がありませんので。
09-02 11:12

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ