08/28のツイートまとめ

quolaidbot

中心市街地・集客核の不振で頭が痛い担当者さんは、一度当社の診断を受けて見られては如何でしょうか。㈲クオールエイド 業務案内 http://t.co/MD8FS25o94
08-28 19:40

@manmaru53 イベントの時はイベントに集中する。その成果がイベント終了後に現れる、という形を作っておかないとイベントはやるだけ疲れるだけ、不参加者に対する愚痴も出ます。きっちり仕掛けを作っておけば翌日から笑いが止まらないかも。一過性イベントで本物の活性化を実現するには?
08-28 19:38

イベントを成功させる=イベントが終わった後に成果が残り、蓄積されていくことですね。街に恒常的なにぎわいを作り出す、という上位目的がある場合は、イベントで来街したお客さんが「買い物の場(イベントの場では無く)」としての商店街のファンになってもらうことが不可欠、イベントはその手段。
08-28 13:31

イベントに期待するのは、〈イベント目当ての人出〉ですが、イベント開催の目的はそれだけではありません。イベントの成功を通じて実現したいことの実現を目指して準備をしなければならない。イベントが期待どおりの結果につながるための準備は、イベント本体の準備だけでは無いはずです。
08-28 13:28

定義から、イベント=一過性は当たり前のこと。その直接の効果はもちろん、TPOS限り(T:日時、P:場所、O:機会、S:状況)ですから、商店街活性化にイベントを活用しようと思ったら、「一過性のイベントに何を期待するのか」、しっかり決めておかないと当然、効果は得られません。
08-28 12:08

効果が期待出来ない、期待しても裏切られるのはこれまで散々経験してきましたから、ぶっちゃけ、イベントにかり出されるのはご免こうむりたい。実行部隊は限られ、回りからは “好きでやってるんだから” といった心ない評も。ここで気を取り直して「イベントを活性化に活用するの法」をば。
08-28 12:01

ということで、イベントに変わる何か、を求める。現在のイベントは、①活性化を目指してイベントに取り組む②一過性のイベントに恒常的な賑わいを創出する機能は無い③活性化実現への期待はせずにイベントに取り組むとい位置づけになりますね。力が入らないのは当然です。
08-28 11:57

第一に、こういう気持で取り組むイベントに気合いを入れるのは難しい。一過性と言いながら日常行事に落ち着き、効果が無くても反省もなし。第二に、イベントは一過性に決まっているんだから、結果が出ないのはイベントのせいでは無い、一過性イベントの効果を街に蓄積する仕掛、仕組が無いのが悪い。
08-28 11:53

商店街のイベント事業①一過性なので効果が無いのは分かっている②他に良い方法が無いので続けるが、良い方法があれば移りたい。というのが大方の共通認識ではないかと思いますが、間違っています。
08-28 11:49

イベントとは「開催されることが待ち望まれていること」です。商店街活性化界隈では、 “イベントは一過性だから効果が無い” ということが定説になっています。効果が無いが、今さら止めるわけにはいかない、他に良い方法も無いし。イベント以外に何かよい方法はないものだろうか?
08-28 11:48

武雄市市立図書館について。 https://t.co/WGbaMC0qai
08-28 08:48

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ