【活性化牽引装置】としての繁盛店づくり

全ての商業集積に共通する課題は、得意客を創出・維持・増加すること、これは小売業がある限り、永遠の課題です。商店街が商業集積としての再構築を目指すなら、街を買い物行き先として頻用してくれる〈得意客〉を増やし続けなければならない。
これが「活性化」の本当の課題です。

 商店街の得意客は、どこでどのように〈創出・維持・増加〉するでしょうか? 
もちろん、商店街に立地する各個店のシャッターの内側=売場におけるショッピング体験を通じて、ですね。

ここで、コペルニクス的大逆転が。
即ち、商店街を活性化するには、各個店の得意客が増えなければならない。

 世間一般が根拠も確かめず思い込んでいる〈商店街が活性化すると個店の業績が向上する〉というのは真っ赤なウソであり、本当は、〈個店の得意客が増えると街が活性化する〉ですね。
繁盛する個店が街の活性化実現を牽引する。
即ち、繁盛する個店は街の【活性化牽引装置】だということです。

繁盛する個店=#活性化牽引装置=固定客創出装置だということで、思考実験をしてみましょう:
①街に繁盛店が点在している
②集客イベントを打ってお客を呼ぶ
③集まったお客が繁盛店に吸い込まれる―得意客が増加
④繁盛実証をみた他店が追随
⑤繁盛店が増え、得意客創出―回遊が加速する
というシナリオの実現可能性は如何ですか?

 現在多くの商店街で取り組まれている:
①済む人来る人を増やす
②街の通行量が増える
③増えた通行量が得意客に変わる
④個店が繁盛する
⑤街の持続可能性が実現する
というシナリオの重大な欠陥は③の通行量から得意客への転換が実現出来ないこと。繁盛出来ず通行量を当てにする店が【活性化牽引装置】の役割を果たすのは不可能です。

商店街を活性化したい・高度化事業を成功させたい・集客イベントの効果を永続させたい、ならば、【活性化牽引装置】としての繁盛店を何が何でも創出しなければならない。
それが「キラリ輝く繁盛店づくり」、福岡市ではその名もずばり、「商店街活性化を牽引する核店舗創出事業」として実施中です。

繁盛する個店は街の【活性化牽引装置】である。
このことを頭に叩き込んで街を見渡し、これまで取り組んできたソフト・ハード両面に渡るモロモロの事業の顛末に思いを巡らせると、商店街はなぜ活性化出来ないのか、その理由がハッキリ理解されると思いますがいかがですか?

 来街者を増やし、店前通行量を増やせば街は活性化するというシナリオが成り立つには、【活性化牽引装置】としての各個店の売場のしつらえ=〈得意客創出・維持・増加機能〉は、万全の体制にある、ということが前提になります。
 このことが出来ていた始めて、“増えた通行量をお客にするのは個店の仕事”ということが成立します。
しかし、活性化が必要な商店街に立地している売上が低迷している個店にその仕事が出来るとは思われません。

 いま、商店街活性化を推進中の皆さんが大至急取り組まなければならないのは【活性化牽引装置】としての繁盛店を作り出すことです。
繁盛店を作り出すこと、これが全ての事業に優先して取り組まなければならない事業です。

 皆さん既にご承知のとおり。
今秋、当社は「商店街活性化実証キャンペーン」として、活性化牽引装置】としての繁盛店を創出すする 【キラリ輝く繁盛店づくり・試行版】 の開催をアピールしています。 【キラリ輝く繁盛店づくり・試行版】

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ