08/21のツイートまとめ

quolaidbot

組合で取組を決定、参加者を募ってスタートしますが、そこから先が工夫のしどころ。全体への波及を念頭に工夫を凝らす。
08-21 15:14

何度も言いますが、経済活力とは不可逆的な粗利の増加を実現する、優れてクリエイティブな能力。能力の使い方を変えないと「向上」出来ない。
08-21 15:10

全て、商店街活性化の取組の成果は、個店・シャッターの内側に「経済活力の向上」として結実しないと中途半端に終わる。効果を求めるなら個店シャッターの内側の取組を怠らないこと。だが、何にどう取り組めばよいのか、分からないのが多くの商店街の実情ですね。
08-21 14:42

成功事例を真似したければ、同じ街中にセブンイレブンという事例がありますね。真似してみたらどうでしょうか。セブンは真似る対象にならない?では真似る対象になる繁盛店の事例とかあるでしょうか。セブンを真似るより難しかったりして。
08-21 14:33

スタンプ・カード事業の活性化という問題もあります。課題は加盟店のシャッターの内側、売場にあります。スタンプ・カードを活用するには個店の売場を磨くこと。事業のリターンは、個店磨きに活用すること。売場が陳腐ではカードは宝の持ち腐れ、これまで売場磨きに使われなかったのが不思議。
08-21 12:23

この取り組みは、組合員全員が揃って、というわけにはいかないと思います。取り組みたい人。取り組まないといけない人がまず取り組む、という方法が自然だと思います。
08-21 12:06

小売業にとって経済活力とは、粗利獲得能力のこと、これは個々の店舗の努力で向上させるわけですが、個店の責任、と言ったからといって実現出来ることではありません。今は、組織の力で個店の経済活力を向上させるべきときです。
08-21 12:04

商店街活性化の大きな課題は、高度化事業の成果を「経済活力の向上」として実現することです。そのためには、個店のシャッターの内側の取組がぜったい不可欠です。高度化事業の成果は個店の取組があってはじめて実現します。
08-21 11:59

旧計画で取得した施設の処理を新計画のスキームで,というのは虻蜂取らずに終わる危険大。懸案施設が処理できたからと言って活性化に接近出来るものではありません。別途処理する体制をとって、本隊は活性化」に邁進しないと。
08-21 09:42

「差別化」が口ぐせの皆さんが、活性化事業については、ひたすら「成功事例」を探し、真似ようとするのはなぜ? ひょっとして「差別化」って「差別化している事例を真似よう」ということ?
08-21 09:36

商店街活性化に成功事例は見つけ出すのが難しい。あったとしてもマネは出来ません。商店街活性化は、自力・実践・実証 の時代に突入! http://t.co/QXMMojJksq
08-21 08:44

RT @toshouken: 【アミュプラザ大分、4ヶ月で来館者1000万人突破】大分駅ビル内「アミュプラザ大分」来館者が8月に1000万人突破。4ヶ月強で年間集客目標達成へ。大分市中心部の集客の要となっている。http://t.co/nSjcHDnjv9 http:/…
08-21 05:57

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ