08/20のツイートまとめ

quolaidbot

キラリ輝く繁盛店づくりは補助事業での取組が中心、終了後参加者による自主研修組織「〇〇キラリ会」が結成されるケースが多くなっていますが、会費を徴収している会は少ないようです。実効性が実証されたのですから、運営経費の自弁は当然だと思います。いつまでも、補助金頼りはおかしいかと。
08-20 23:40

商店街活性化の支援を専門にしている民間コンサルタント法人、我々 クオールエイド以外にも存在するのでしょうかしらね。もちろん、(株)全国商店街支援センターは別格です。
08-20 22:12

というように我々は、つい考えてしまうのですが、どうも、いつまで経っても少数意見のようですね。
08-20 20:50

つまり、3点セットへの計画的・段階的な取組をパスして商店街固有の問題に取り組んでも商業集積としての再構築も,既存個店の繁盛実現もあり得ない、ということです。お店や街の特徴をアピールするのは、「売場」「ショッピングの場」としての標準的なあり方をきちんと実現した後の話、なのです。
08-20 13:30

3点セットへの取組を放置して、商店街の個別課題(通行量減少、空き店舗、販促イベント等)に取り組んでもその結果が3点セット状態を改善し商店街を商業集積として活性化出来るとは考えられません。まず、3点セットにどう立ち向かうか、方針を決めるのが先だと思いますが、如何でしょうか。
08-20 13:27

全国の活性化が必要な商店街の内外の事情は、極めてよく似ていますしたがって、課題も共通することが多くなります。全国の商店街に共通する問題こそが活性化で真っ正面に向き合うべき課題です。共通する問題は、①広域的な商業集積間競争の恒常化、②消費購買行動の変化、③人的・制度的問題。
08-20 13:20

RT @takeoquolaid: セブンイレブンの標準化を考えるにつけ、商店街活性化の取組も標準化が必要な気がしますね。もちろん、「商店街活性化=商業集積としての再構築”を目指す都市・商店街かぎりの話ですが。列島全域、問題状況は酷似しており、活性化実現の方向と方法もそんなにた…
08-20 13:15

企業活動のすべては、現在および将来のPOPの最適性を実現するための行動、とp考えることもできるかも知れません。POP の構造、機制、機能等の解明はほとんど行われておらず、さらに研究が必要です。
08-20 07:53

POP Point Of Purchase 一般には「購買意思決定時点」と訳され、我々は「売買接点」としています。ご承知の通り。POPのしつらえ、その前後左右の準備、当事者の態度等々は、企業の目的である「持続可能性の維持」にとって重要な意味を持つことはいうまでもありません。
08-20 07:50

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ