08/15のツイートまとめ

quolaidbot

商店街活性化の一環として取り組む繁盛店づくりは、半年で成果を出さないとダメでしょう。次のグループが待ってますからね。
08-15 23:04

商店街活性化では個店の魅力が大事という声が多くなっているようで結構なことですが、三方よしなどという、三年も続ければ効果が現れるという手法が流行っているらしい。要らぬ世話だが三年続けて効果が出なかったら? 取り返しがつかないのでは? 三年経っている先行事例はどんな塩梅かな?
08-15 23:00

@manmaru53 活性化は勉強しないと出来ないのだとは、勉強した人でないと分からないでしょうね。すぐ身近で見ていてもなかなか。個別の事情では、地代家賃、年金等マルチインカムに恵まれていたり。そういう人たちにも何とかその気になってもらわないと商店街活性化は実現出来ません。
08-15 22:50

商店街活性化はなぜ国家的プロジェクトなのか?弱小地元商業者に事業機会を確保するため、ではもはや不十分、取り組む気概が出てこないはず。気概が無ければ知恵は出ない、怠け者をその気にさせることも無理。商店街活性化はなぜ国家的プロジェクトか?ちゃんと言えないと財政当局と渡り合えない。
08-15 22:21

というように書くと難しそうだが、実践は簡単、既存の個店群を繁盛させる方向と方法が分かれば、半分以上出来たも同然。で、我々は既にお金を掛けず、計画を立てず、短期集中の取組で「繁盛路線」に移行する方法を確立、ご承知のとおり、既に実証事例輩出中。後はあなたがいつ採用するかだけw
08-15 22:13

計画期間中、合意形成出来た事業から逐次取り組む、という手法ではなく、基礎的事業から着手、成果を蓄積しなが段階的に「持続可能な路線」に移行する。現状に何かを追加するのではなく、街全体が変わらないと持続可能性の構築は不可能。
08-15 22:03

私見では中活法のスキームは、5年間で中心市街地の商業街区としての持続可能性を再構築するプロジェクト、5年で軌道に乗せられなければ、取組方を間違っているかも、と考えてみられた方がよろしいかも。
08-15 21:57

「商店街」をきちんと定義しておかないと、なぜ商店街活性化が行政の責務なのか、分からないと思います。ちなみに、「商店街活性化」を責務としているのは、地方公共団体だけですね。商店主?商店街で商売はしてますが? 商店街組織? 目的は組織成員の事業の振興ですが?
08-15 20:31

一番基本的なことは、商店街とはどこのことか?ということ。定義ですね。定義とは、周知の事柄を未知の言葉で説明すること、といった人がいますが、商店街もいざきちんと定義しようとすると難しいかも。でも、定義しておかないと後々困ることが起こります。
08-15 19:48

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ