FC2ブログ

gyao

 現在、『ハンニバル』を上映中。
久しぶりに見ましたが、やはり第一作とすると見劣りします。

 パッツイ刑事のエピソードは面白いのですが、最期はレクターの趣向とはえらい違い、なんで嗜好を駆け引きに使うわけ? 
ということでここは監督じゃなかった、作者の自作自演・受け狙い、ですよね。

 しかし、例によってハンニバルのセリフにはしびれるものが多く、今回あらためて、刑事との会話にウ~ムといわされました。
“身につまされる”は中語で「感同身受」とか。

 『羊たちの沈黙』ではクラリスに対する“羊たちは沈黙したか”というタイトルにもなっているセリフがありました。
羊といえば羊飼い、羊飼いといえば流れとしては大審問官、奇特な人がいます。
http://www013.upp.so-net.ne.jp/hongirai-san/pro-t.html

再読した人の所感

 松岡さんは“21世紀は「方法の時代」”と〈予想〉しています。
当サイト的には「方法論の時代」でしょうか。


ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ