緊急課題・個店の窮状脱却は?

 商店街活性化、いつも申し上げているとおり、シャッターの外側の施策は
至れり尽くせり(何と、組合が宅配事業や学習塾を経営する例も!)ですが、
最終的に商店街の魅力(お客の来街意欲)を左右する街全体の業種揃え・
店揃えの最適化(=テナントミックス)の担い手である中小小売業の経営
の「実効ある支援」は、ほとんど行われていません。
個店の現状は、シャッターの外側の変化に適切に対応することが出来ない
レベルに陥っています。
今どき、中小小売業が繁盛するためには、消費購買行動の変化、競争環境
の変化に合わせて売場を作っていくことが不可欠ですが、そのためには、
環境変化に店づくりで対応する、という技術を持っていることが必要です。
この技術があって始めて、ショッピングモール時代の消費購買行動と向き
合う店づくりに取り組むことが出来ます。

 一方、この技術が無ければ、商店街がイベントなどで通行量を増やして
も、来街したお客を引きつける「ショッピングの場」が準備されていないの
ですから、イベント客が買い物客になり、得意客・常連客になり、その人達
が頻度高く来街回遊することで街が恒常的に賑わう、という商店街活性化
は実現出来ません。
 繰り返される集客イベントの成功も、あらためて出かけて来るに値する
売場が用意されていなければ、せっかくの人出も一過性に終わります。

 全国の商店街、地場小売業が組合の活動で来街したお客を買い物客
―街のお得意さんに変身させることが出来ず、「負のスパイラル」から
抜け出すことが出来ずに困っていることはご承知のとおり。

その最大の原因は、買い物行き先として評価される個店(つまり、魅力
的な店)が少ないこと、少ないと思われていること、です。
この情況を突破しないと、シャッターの外側の施策を商店街の恒常的な
にぎわい実現に結び付けることは出来ません。

 既存個店群を「買い物の場」としての魅力を持った存在に変えていく、
このことが出来なければ、商店街活性化は実現できません。

 商店街が活性化すれば個店が繁盛する
では無く、
 繁盛する個店の存在が商店街活性化を牽引する
のです。

 活性化事業は、その成果を自店のいっそうの繁盛に結び付ける技術を
持っている個店群が存在しなければ成果を残すこと出来ません。
多くの商店街で取り組まれている活性化策が最終目的である恒常的な
にぎわい実現の方向へ確かな蓄積が出来ないのは、それを推進する
力を持った個店群が存在しないからです。

 ご承知のとおり、商店街立地の個店の多くは業績の低迷に悩んでいます。
このままでは消費税率アップをきっかけに多くの中小小売店が廃業のやむ
なきに至ることは明白、.そうなるとこれまでの取組・組織は崩壊に追い込
まれることでしょう。
商店街活性化に取り組める時間は極めて限られてきました。

 個店の「店づくりの転換」は、商店街活性化にとって目的であると同時に
街の活性化を実現していく最強の武器ですが、現在、「店づくりの転換」に
そのような位置づけで取り組んでいる商店街はほとんどありません。
施策も限られています。

 「商店街活性化」が都市経営上の重要な課題であると位置づけするなら、
その成否を直接左右する「繁盛店づくり」、「店づくりの転換」に出来るだけ
早く着手しなければならない。

 残されて時間が少ないことを確認して取組を変えるべき時です。

参照: キラリ輝く繁盛店づくり・試行版のお薦め

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ