兵力の逐次投入 目標の逐次加上

軍事方面では「兵力の逐次投入(小出し追加)」が固く戒められています。
敵の戦力や意図を見誤って、少兵力で目的を達成可能と判断して行動したら
敵戦力が予想以上に強く、慌てて兵を追加派遣するが、当初の判断の影響で
所要の増強に至らず失敗、再度の追加を余儀なくされるが、その間に敵の
対応もより整備されており、ついに目的達成が挫折する。

典型的な例として挙げられるのが「ガダルカナル」 です。ご承知の通り。

このような組織的な状況判断―意思決定の結果としての失敗は、個別例外
として起こるよりも、組織に共有されている問題解決の慣習に起因すると
考えられます。

今日のテーマはタイトルの後半、「目標の加上」について。
①ある目的を達成するために目標を設定して取り組むがうまくいかない
②目的に対して目標の設定が不十分だったと判断する
③他の目標を追加する
というもの。
ところが本当は、目的の定義、目標の設定が適切に行われていないことが
原因で起きた不具合だったりすると、問題はさらに複雑になり、解決が
難しくなります。

さて、中心市街地活性化は、当初「市街地の整備改善と商業等の活性化」
として取り組まれました。
市街地の整備改善と商業の活性化を一体的に推進する、あるべき商業機能の
「舞台装置」として街区を整備する、というものでした。
改正後は、
①市街地の整備改善
②都市福利施設の整備
③居住環境の改善
④商業の活性化
が目標に掲げられています。
(続)
その後の改正によって、

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ