商店街活性化

街がどうなることか?
実用的な定義がされていないことが活性化出来ない理由の一つ。
我が国の「計画理論」の未熟さがもたらしていることです。
「維持に支障を生じている―持続可能性の再構築」
中活法では概ねこのように考えられていますが、明示されていません。

持続可能性の再構築とは、
①もの余り・店あまりという時代において
②商店街という空洞化著しい立地で
③不要不急の商品やサービスを販売するという商売が
④好きな期間続けられる
という「虫のいい話」を成立させること。

商店街を空洞化に追いやったもの余り・店あまり時代の
環境とは:
①消費購買行動の変化
②業業態・集積間競争の変化
③小売業経営技術の変化
(以上、3点セットの環境変化)
商店街が活性化=持続可能性を確立するには、
これらの変化が「プラス」に作用するポジションを発見し、
自助努力主体の取組で移動しなければならない。

我々は、この移動を「活性化への5つの階段」としてロードマップ化
していることはご承知のとおり。
さらに、この階段を上って行く中核となる取組が
「キラリ輝く繁盛店づくり」
であることもみなさんよくおわかりのことと思います。

一見、困難そうな既知ですが、けしてそうではありません。

その気になれば、繁盛を実現し、お客さんとの交流を
楽しみながら、生き甲斐を感じながら、仲間と一緒に
上っていける階段です。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ