FC2ブログ

「シャッターの内側」という問題領域

 商店街活性化に取り組むにあたってありがちな方法として「消費者に意見を聞く」ということがありますね。方法としてけしてお奨めできるものではありませんが、今日はその話ではなく。

 「消費者の評価・要望」としては、“商店街には魅力的なお店・商品が少ない、何とかして”ということが必ず出てきます。特に最近は「駐車場の有無」よりも「ショッピング行き先としての魅力」というより「本音」の意見が多く聞かれるようです。

 取り組む側の問題意識にも反映され、「魅力ある個店・売り場づくり」といったテーマが掲げられることが多くなっています。
新しい『基本計画』でも、状況分析や目標を論じる段ではこのことが取りあげられています。ところが。

 活性化の実現にむけてどのような事業に取り組んでいくか、という段階になりますと、状況分析・目標設定段階の「魅力ある個店」という話はきれいに消滅、専ら「環境整備」と「人寄せ」に集中した事業が計画されてしまう・・。
これはもう見事というか、何というか、“シャッターの内側については絶対に取り組まない”という暗黙のオキテがすべての都市に行き渡っているのではないか、と思われるほどです。

 国も既に認定した「基本計画」の内容などから見る限り、『基本方針』段階では「店揃えの最適化」こそが競争力の根幹だ、という認識を示しているにも関わらず、「認定」の段階では“店揃えの最適化を実現する”事業取組の推進にあまり熱意が感じられ無い、と感じられるのはどうして?

 問題は「競争力の根幹」とされる「業種揃え・店揃えの最適化」に取り組む事業を計画せずに「活性化」を実現できるだろうか? ということで、なかなか悩ましいのです。

 「シャッターの内側」に対する徹底した無視はいったい何を意味するのか?
「個別企業の利害に直結する取組は出来ない」というのがあり得る回答かも知れませんが、小売業の利害は顧客すなわち住民の消費購買行動の満足によって左右されるわけですから、「個店レベルのショッピング行き先とし魅力のある店づくり」は、最優先で取り組むべき「活性化事業」のはずなのに・・・。

 “シャッターの内側は問題ではない、問題は「住む人・来る人が少ないことだ”というのが、「外側派」の一致した見解かもしれませんが、本当に住む人・来る人が増えればその人たちは現在の商店街・現在の個々のお店で喜んでショッピングしてくれるのか?
ということは考えてみなくても良いのでしょうか?

状況分析や目標段階では強調されていた「買い物行き先としての魅力の充実」は、なぜ、事業段階では影も形も無くなるのか?

 消費者アンケートでは「魅力ある買い物行き先が無い」と指摘され、状況分析では「魅力ある個店づくりが課題」としながら、実際に取り組む事業には、それが全く反映されていない、という基本計画のありようは、従来も改正後もほとんど変わらないことろです。

 買い物の場としての中心市街地・商業街区には「シャッターの内側」という領域があり、「買い物行き先」としての商店街が抱えている「ショッピングの場としての充実」という課題への取り組みにおいて、「個店の売り場の改革」は、「住む人・来る人を増やす」ことに先立ち・優先して取り組まなければならない、ということがキチンと理解されているとは、とても思われないようなアレやコレやソレが見聞される今日この頃ですね。

 基本計画に掲げた数々の事業、どうしたら・どの段階で「個店のシャッターの内側」が「買い物行き先」としての魅力を発揮する、という「来街目的の実現」という条件つくりに結びつくのか、あらためて考えてみる時期に来ているのではないか?

 と思われてならない今日この頃、そう言えば認定計画でハード事業が計画されていない商店街の取組は従来どおり、専ら人出が増えるのを待つわけですか、そうですか。


ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ