商店街活性化と地方創生総合計画

 現在、商店街活性化を推進するためのスキーム(枠組み)としては、
『中心市街地活性化法』があります。
次の3点セットです。
1.中心市街地活性化法
2.中心市街地の活性化に関する基本的な方針
3.TMOマニュアルQ&A

 3点セットを読むと、「
①中心市街地活性化」は、“都市中心部・商業街区の活性化”の
  ことであり、
②「活性化」とは、“広域商圏における競争の結果として衰退趨勢
  に陥ってる商店街に適切な施策を講じて、商業集積としての持続
  可能性を再構築すること”。
③「再構築」は、“中心市街地に立地する商店街等の商業集積を
  一個のショッピングモールに見立てて再構築すること”
です。
活性化の取組は誰の仕事か?
法第五条に「地方公共団体の責務」と明記してあります。
しかし、自治体が商店街の活性化、ショッピングモに見立てた
再構築を自分でやることは不可能です。
実際の取組は商店街の皆さんというとになります。
行政が計画を作って推進する責務があり、主役として実際に
取り組むのは商業者、ということで即ち、
行政主導・主役は商業者
というわけです。

 最近、当社サイト掲示板などで国の商店街活性化施策が
転換期を迎えているのでは無いか、と何度か書きました。
『地方創生総合計画』に対する支援に一本化されるのでは
ないかということです。
まだ断定は出来ませんが、可能性は少なくありません。

いずれにせよ、都市の商店街を活性化するのは最終的に
都市自身の仕事です。
「行政主導・主役は商業者」で推進する体制を一日も早く
作り上げてください。
もちろん、「地方創生総合計画」への落とし込みも不可欠、
商業振興担当の皆さんもあらためて中心市街地活性化基本
計画をにらみながら、本当に商店街を商業集積として再構築
する計画を立案することが求められます。

これまでの様各種計画のように、ぼんやりした方向・方法と
通行量増加のための集客催事という両極端では無い、誰が
見ても「やれば出来る」商店街活性化への道を描いて戴き
たいものです。

もちろん、.我々は『商店街活性化への5つの階段』としてその
選択肢を提案しています。
5月29日開催の公開セミナーではその全容と着手時点の
取り組みを具体的に提案します。

主導する自治体の担当者さん、主役を演じる商店街の役員さん
揃って参加されることをお勧めします。




 

 

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ