商店街活性化、はじめに計画ありき?

 活性化と言えば、まず「計画を作る」ことからスタートするのが常識になっています。
これは間違い。

 活性化を実現するには、関係各方面、特に最終目的である“各個店~街ぐるみ繁盛”実現の担い手
である個店・店主の頑張りが不可欠です。
それも、単にがんばれよいというものでは無く、活性化を実現する方向でがんばらなければならない。
即ち、活性化計画を進めていく方向でがんばってもらうわけですが、問題はここから。

活性化計画を実現していく、あるいは活性化計画に掲げられた事業の成果を自店の店内に実現して
行く力を持っているかどうか、と言うことですね。この力が無いとせっかくの事業の成果が挙がらない、
商店街の中に蓄積されない、ということになります。

 計画を立てるのは結構ですが、問題はその計画をきちんと実行し、成果を積み上げていくために必
要な能力が商店街(個店)に既に準備されているかどうか、と言うことですね。
さらに考えれば、こういう力を持っている個店なら既に自力中心で努力を重ね、繁盛を実現しているので
はないか、とも考えられます。
考え合わせると、商店街活性化は、計画を立てる前に計画に取り組んでいく能力を作ることを優先する、
あるいは、計画の第1番目に「能力向上のための事業」を掲げなければならない、ということになります。

 この計画は、商店街の皆さんが自分たちだけの力で作れる計画ではありません。
1.活性化にはどういう力が必要か
2.自分対に不足している力は何か
3.どうしたら手に入れられるか
しっかり考えて適切な答えを出し、力を手に入れなければならない。
計画作りはそのあと、自分たちに計画を実行できる力がついたことを確認してからです。

 商店街活性化の成否は、活性化に取り組む商業者の力量に依存しているのであって、商店街活性化は、
街が活性化して商業者が助かる、という話ではありません。
商業者が自分の商売かわいさを原点に頑張ってこそ商店街は活性化するのであって、けしてその逆では
ありません。

 そこで問題は前に述べたとおり、商業者が活性化事業の成果を自店の繁盛実現に結びつける技術を
持っているかどうか、と言うこと。
これは、これまで取り組んできた各種事業、特に“集客イベント”の総括としてハッキリ共有されていると
思います。
来街者が増えてもそれを自店の顧客にするノウハウ=能力を持っていないのが商店街立地の商業者の
皆さん。全国共通、例外はありません。

 皆さんが計画を作れば必ず、「事業の結果、個店が助かる」ことを期待した計画になるはずです。
本当は真逆、個店が頑張れば街が活性化する、のですから、助けてもらいたい一心で作った計画で街・
個店がよくなることはありません。
全国の商店街で数十年にわたって繰り返して来たパターン、もう一回取り組んでみる価値はありません。
この時期に取り組むべきは、繁盛店づくりが最優先、自店の繁盛を実現出来ない商業者が参画して作る
計画で街を活性化出来ることは無い、と肝に銘じて新年度の取組をスタートするべきです。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ