商店街マーケティング

  マーケティングとは相手にその気になってもらうこと。
その気になってもらうにはその気になったほうが自分にとっていいことだと納得してもらうこと、そのためにはこちらの提案が相手の問題解決の方法として最適だと納得してもらわなければならない。

商店街マーケティング。
商店街が展開するマーケティングではありません。商店街に対して行うマーケティングです。商店街に何を提案、納得してもらうのか?

もちろん、商店街が直面している問題に対して、その問題を解決する最善の手段を提供します。
これが商店街マーケティングです。

商店街が直面している問題とはなにか?
長年続く大問題、空洞化の進展を押し止め、反転、まちぐるみ繁盛への道を築くことです。誰もがよくわかっていること、いまさら言うまでもないことですが、それでも言わなければならない理由がある。

ソフト・ハードの活性化事業に取り組んでいる間に店主さんたちが確実に年齢を重ね、引退の時を迎えているとこと、後継者不在のなかで引退の時期を迎えることは、廃業を意味します。
放置すれば即空き店舗の増加、空洞化が進展することになります。

この問題を従来通り、商店街の「補助制度を利用した自助努力」に任せておいて大丈夫ですか?
さまざまな事業に取り組みながらついに直面したこの問題への取組を従来のパターンで解決することは出来ません。

商店街に対して、

1.直面している問題(商店街自身の少子高齢化) を共有し、対応の抜本的転換の必要性を共有する

2.対応策を提案し、納得してもらい、実行してもらう

ことが必要です。

納得してもらうためには、相手が納得できる対応策を提案する以外にありません。
その条件は、

1.簡単で誰でも取り組めること

2.取り組んだらすぐに成果(客数・売上の向上)が得られること

3.投資を必要としないこと

いいかがですか。
これからの商店街活性化施策は、以上三つの条件を備えていることが絶対条件です。
なぜそう断言できるのか。
その理由は、それ以外の方法では「商店街内部の少子高齢化問題」に対応出来ないからです。

三つの条件を備えた活性化事業に取り組めば少子高齢化問題が解決できる理由は、

1.繁盛実現で店主の引退時期を遅らせる

2.繁盛を実現すれば事業を承継したい人が現れる

3.取り組んだ店が繁盛することで街が賑わいを取り戻せば出店立地としての魅力が高まる

商店街の少子高齢化問題への適切な対応は、今すぐ繁盛を再生すること、これ以外にありません。 もちろん、取組は街ぐるみの取組ですが、はじめは有志の取組としてスタートするのが無理がないと思います。

これが今すぐ商店街が取り組むべき少子高齢化対策であり、商店街に対して取組を提案していただきたい事業内容です。
問題は、この条件を備えた事業、それも単なる思いつきではなく、実際に取り組まれ、実績が挙がっており、希望すればその実態を直接確認できる事業があればいいですよね。
(関係者に納得し、気合いを入れてり組んでもらう、という上で成功事例の存在は強力な説得材料です。)

  以上、検討してきた条件を全て備えた事業が我々が推進する「キラリ輝く繁盛店づくり」づくりですね。ご承知のとおり。
現在のところ、これに匹敵する内容を持った事業はどこからも提案されておりません。
キラリ輝く繁盛店づくり、少子高齢化という 「いまそこにある危機」 に直面している商店街にとって、単に情報として提供するだけではなく、商店街起死回生の手段として採用を決意し、採用可能な方法を一緒に考えなければならない段階です。

  商店街活性化は、少子高齢化問題の深刻化と共に「最終局面」をむかえました。
直ちに「キラリ」への取組を実現する工作を始めてください。当社微力ですが出来る限りお手伝いします。
商店街は当社の使命、遠慮なくご利用ください。
毎度のことながらメール、電話による相談は全て無料です。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ