タウンマネジメント以前

マネジメントは、組織の運営、目的を達成し続けるため、組織を作り、計画を立て、実行プロセスを統制し、結果を総括する、という業務です。『中活法の』スキームで登場するタウンマネジメントももちろん、中心市街地活性化基本計画に基づいて街を一個のショッピングモールに見立てて商業集積としての再構築というマネジメントに取り組みます。

 中心になる業務は、中心市街地にふさわしい【業種揃え・店揃えの最適化】の推進、即ちテナントミックス業務です。
これはショッピングセンターなどで用いられるマネジメント手法ですが、ショッピングセンターがもっぱらテナントリーシングを行うのに対して中心市街地の場合は、
1.既存個店群の業容転換
2.空き地、空き店舗へのテナント誘致
ですすめます。

この場合、最も重要なことは、各個店の業容転換がスムーズに行えるかどうか。
業績不振に陥っている個店に「業容転換」の旗を掲げても、趣旨には賛同しても転換する技術がありません。いくら立派な計画を立て、マネジメント体制を作っても、マネジメントを受ける側にそれを実行していく意欲・知識・技術技術が備わってなければ、絵に描いた餅におわります。

 タウンマネジメント、実施するにはまず、マネジメントを受け入れる側・商業者の能力の転換=自力中心で業容転換を実現する能力を如何に修得するか、という問題に取り組まなければならない。
マネジメントの第一歩は、マネジメントがkかnか可能になる条件を作ること、マネジメント以前の場所からスタートしなければならない。
このことを理解し、取組を推進しているまちづくり会社があるでしょうか。あるとすればどんな手法で取り組んでいるのか?情報はほとんどありませんし、各方面の支援制度にも準備されていません。大きな問題です。

 「モールに見立てた再構築」を目指さない場合でも個店の繁盛再生という課題は免れることはできませせん。シャッターの外側でいくら事業に取り組んでもその成果を店内の売り上げに結実させるにはシャッターの内側の改革は最優先で取り組む課題です。

  残念なことに、関係方面でこの問題を明確に認識し、対策を講じている例は知りません。このまま推移すれば後継者不在・経営者高齢化・店舗老朽化という退出条件を3点セットで揃えている個店は廃業相次ぎ、基本計画―マネジメントも成果をあげることなく店仕舞いすることになりかねません。

タウンマネジメントを成功させたかったら、マネジメント以前、マネジメントが成立する条件づくりから始めなければならない、というこです。
上記のとおり、この条件づくりは難しい。
現在のところ、我々が推進する「キラリ輝く繁盛店づくり」が唯一、課題にこたえる取組です。
個店の技術革新は不可欠の条件、実現するための新しい取組がどこかで準備されているでしょうか?

 残念ながら期待はできません。我々が推進する「キラリ」だけが唯一、この問題への解答として提出されいるだけ、これかも代替案は出てこないと思います。
一日もはやく「キラリ」を採用すべき、採用を阻む障害もあると思いますが、断固として突破してください。その気になれば岩盤と思っていた障害がしが実は障子だった、ということもあります。
他に選択肢は無く、このままでは じり貧 間違い無し、という状況認識は共有されていますから。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ