地域商業自立促進支援事業

 新年度、国の中小商業振興施策の柱、幾度も取り上げています。

特徴は、
1.支援対象が商店街だけではなく、地域商業全般(法人以外も)
2.目的が〈活性化〉では無く〈自立促進」であること
この二つの特徴には、今後の施策の方向を考える上で重要な示唆が
あるかも知れません。

 ところで。
支援施策の内容を見ますと、端的に言って、
これに取り組めば自立できる
というものでは無く、自立促進(の取組)を支援する、という趣旨です。

つまり、自立を目指して取り組んでいる商店街に対する支援だと
いうこと。

1.自立を目指していない商店街が取り組んでも自立実現に はつながらない。

2.自立を目指している商店街も支援施策に取り組むだけで は自立出来ない

ということです。

そもそも自立とは何か?

商店街が自主的な活動主体でその持続可能性を維持していくこと、
またその条件を作り上げること、ではないでしょうか。
個店で言えば、商売を続けていくために必要なコスト原資を商売で
産み出し続けることが出来ること、ですね。
早い話、儲かり続けること。

そのためには、「売れる店づくり」への取り組みがゼッタイ不可欠、
シャッターの外側(ついでに言えば〈三種の神器的シャッター
内部の販促催事も)でどんな施策に取り組んでも店内に〈売れる
売場づくり〉が出来ていなければ、繁盛―持続可能性は実現出来ない。
自立促進支援事業の取り組みは、〈支援〉であり支援が効果を発揮
するには支援を受ける側の主体的な取り組みがあってのこと、
今回の場合、主体的な取組とは長年誰もが必要だといいながら一部を
除いてほとんど着手されていない〈売れる売場・店づくり〉への
チャレンジです。

自立促進事業へのチャレンジにあたっては、是非、“支援事業の
成果が挙がる”自主事業へのチャレンジと二人三脚の取組を実現
してください。

ところで、皆さんの商店街、昨年の賑わい補助金による、
“恒常的に賑わう商店街"の実現を目指して取組んだイベント事業の
成果は如何でしたか。
事業終了後に成果報告会などを開催して関係各方面と成果を共有、
新年度の「自立促進支援事業」へのチャレンジでさらに大きく
前進していくための基礎を獲得することが出来ましたか?

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ