再開発ビルはなぜ成功しないのか

多くの都市の中心市街地活性化基本計画には 「核施設」 の整備が計画されています。
中心市街地の集客核であり、多くの場合、それは商業施設です。
量販大型店(GMS)が撤退した空店舗のリニューアルや公共機関との複合ビルの場合もあります。
いずれも当該施設が広域から集客し、中心市街地全体への回遊を創出して一挙に活性化を実現する、という計画でした。

ところがふたを開けてみると、施設への集客は出来ても施設外への回遊はほとんど起こりません。当て外れです。
そうこうしているうちに肝心の集客核からも客足が減り、業績は次第に悪化、低迷するようになります。
いろいろと手を打つのですが、なかなか効果が挙がりません。
やがて郊外や隣接する自治体にショッピングモールなどが進出するとさらに落ち込みがひどくなり、核店舗が撤退、執行部交代、債権放棄等々、あれよあれよという間にお荷物になってしまう・・・。

都市の規模や施設の規模を問わず、どうしてどこの街の核施設も同じような運命をたどるのか?

その原因を明らかにして、対策を提案したいと思います。
しかし、ただ、あーですよ、こーしたらいいですよだけでは面白味に欠けるので,どこか、どなたか、“うちが実験台に上がってもいい”という手は挙がらないでしょうか。

クオールエイド流繁盛店づくり、お金は掛けない。計画は立てない・新規のお客は欲しがらない、三点セットで立ち直らせるという企画です。
ちなみにキラリはこれまで、百貨店、商業ビル、エキナカモールなど「中心市街地の核店舗」でも取り組まれています。
続きは「商店街起死回生」で

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ