「加上」と「移行」

 繰返し注意を喚起しているように、「活性化」という言葉は定義
されないまま使われています。当社は、「中活法2条」の活性化が
必要な中心市街地の要件の一、「維持に支障が生じている」を援用
して、次のように定義しています。

 活性化とは、このままでは維持することが出来なくなる対象に
適切な施策を講じて持続可能性を取り戻すこと。

対象のあり方そのものを変革しなければならない、とする考え方。

いかがでしょうか。
このように定義すると活性化事業の目的・目標が明確になり、
事業が備えておかなければならない要件も検討しやすくなります。

さらにもう一つ大事なことがありまして。
活性化が必要な状況はなぜ起きているのか、を見極めること。
活性化が必要な状況はなぜ起きているのか?
原因をどうみるかによって事業に取り組む基本姿勢が決まり
ます。

 原因は大きく見て二つに区分されます。
「静態」と「動態」です。
前者は、対象が陥っている問題状況を「常態からの部分的・一時的
変化」と見なす立場。この場合、状況は修復可能であり、事業は
常態への「復帰」を目指すことになります。
商店街が衰退趨勢に陥っているのは、何か(通行量、イベント、
核施設など)が不足しているから、事業に取り組んで不足を補えば
商店街は活性化出来る、という考え方。
我々が「加上」と命名している方法です。

 取組の基本的な構え、もう一つは、
問題が起きているのは、環境に従来の(状態的な)あり方では対応
出来ない変化が起きているため、解決し持続可能にするには、
状況に対応可能なあり方を構想し、現状からその方向へ抜け出して
行かなければならない、とする立場。
われわれが「移行」を名づける姿勢です。

 加上と移行、どちらかが正しく片方は間違っているというのでは
ありません。問題が起きている状況によって復旧できるのか、それ
とも移行しなければならないのか、選択することになります。

 そこで、商店街・中心市街地・都市が直面している問題:活性化・
創生をあらためて考えて見ましょう。
目指すのは持続可能性の「復旧」か、それとも「再構築」か?

 ここで考えなければならないことが2つ。
1.問題は、商店街や都市の規模や特性に関わらず全国的に発生
している。
2.「復旧」についてはこれまで散々取り組んで来たが、ほとんど
成果が上がらなかった。
3.環境の変化はさらに深化し,状況は日増しに悪化している

 という状況で、もはや問題は不足を補って改善可能なものでは
無いことが明らかです。
商店街・中心市街地・都市は、環境変化の趨勢を見極め、「持続可能
なポジション」へ移行しなければならない。

 この時代において活性化とは「持続可能なポジションへの移行」
を意味します。もはや「加上」では現状維持すら出来ないことは
これまでの取組で十分経験してきました。

 地方創生も全く同様で。
総合戦略の策定にあたっては、基本方針を「加上(企業誘致、
集客施設整備など)」に置くのか、それとも「移行」を決意する
のか、内容が大きく変わります。いえ、内容というより取組の
姿勢と言った方が適切でしょう。
前者は、関係者の基礎体力や態度の変革は不要ですが、後者は
自力自助、自分たちの力で自分たちのあり方を変革していこうと
いう取組です。
変動する環境における取組の基本的な構えとしてどちらが適切か、
敢えて申し上げる必要は無いと思いますが、加上と移行、それぞれ
意味するところはきちんと把握しておいてください。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ