FC2ブログ

「アクセルとブレーキ」とタウンマネジメント

 1万平米超の集客施設の新規開設は中心市街地に限定、その他の地域については規制する。
いわゆる「アクセルとブレーキ」です。

 さっそく対応を迫られているのが、SC業界ですね。
当サイトでも取りあげています。
『イズミの新戦略』
中心市街地という新立地に一万㎡で何をどう展開するか?

一方では郊外におけるSC間競争もさらに熾烈になっています。
特に九州ではイオン(ダイヤモンドシティ他)とイズミ(ゆめタウン)という「2強」が各地でつばぜり合い中です。これから大牟田市でその最新展開が見られます。

 ということで、上記スレッド、郊外にいったり、核であるGMSをあらためて考えたり、なかなかタイトルどおりに進んでいません。

 一方、別府市では商店街活性化の「切り札」として中心市街地に「ゆめタウン」が誘致されます。これには中心市街地のショッピングゾーン全体の活性化を実現していく「回遊性の創出」が期待されています。

 SC開発を契機に回遊性を再構築するという戦略ですが、実効あらしめるためには、何に取り組まなければならないか?

【商店街・起死回生】で考察中です。
『ゆめタウン別府 中心市街地へのSC進出』

 「回遊性の創出」は、「回遊性の再構築」であり、実現するためには中心市街地所在の商業集積は、自助努力お方向と方法を再構築することが至上課題です。新しい取り組みは「買い物の場」である個店の「業容革新」に至るものであることが不可欠。

 目下、鋭意展開中ですが、これは「アクセル&ブレーキ」の採用を計画しておいでの都市にとってはまたとないケーススタディになるはずです。参照してください。

 いよいよ必要性がクローズアップされてきた「タウンマネジメント」ですが、いったい何をどうすることか?ということはまだ明確になってされていない、コトバだけがよちよち歩きをしているところもありそうです。
お付き合いいただくと把握できるかも、です。
 「アクセルとブレーキ」を採用する都市にとって、ここで論議するレベルのタウンマネジメントは必須のはずですし。

 もちろん、別府市の関係各方面の皆さんにとっては、ケーススタディではなく、生身の問題。
押し迫ったゆめタウンのオープンへの効果的な対応策の立案・展開はこれからの課題のはず、一助となれば幸いですが、さて、Webの一隅で自分たちの街の問題が論議されていることをご存知かどうか。
 ということで、当該関係各方面にお知り合いのある方で、かつ、クオールエイドのアプローチに効能効果をお認めの場合は、お手数ですがご紹介いただき、実務に参考にされるかも、という展開になればいっそう気合いが入るというもの、よろしくお引き回しくださいませ。


ブログランキング

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アクセル

アクセルアクセル__NOTOC__* 自動車などのスロットル(加速装置)。アクセラレーターの略(Accelerator)。 スロットルを動作させるアクセルペダル。* フィギュアスケートのジャンプの一つ。アクセルジャンプ(Axel Jump)。 人名 * リチャード・アクセル(R

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ