マルヤガーデンズ

先日鹿児島出張の折りに見学しました。
サイトは こちら:
三越が撤退した後,中心市街地活性化を牽引するプロジェクトとしてリニューアルオープンしたもの。

「コミュニティ機能とショッピング機能の融合」を実現した施設、という企画で、オープン時点でグッドデザイン賞をもらったそうですが、takeoが見るところ、どちらの機能もそれぞれ多\来補いう目的として自立して持続可能なのかどうか、自立出来ないようでは補完し合うどころかお互いに頼れない相手に頼っていることになり、“共倒れ”が懸念されるというか、コミュニティの方はどうにでもなりますが物販の方は大変だと思います。
この程度の仕上がりのどこが“顧客やテナントなど全てが有機的につながり合う「ユナイトメントストア」”なのか、伝わってくるものがありません。

企画を担当したのは“コミュティデザイン”の発案者、コミュニティデザイナー・山崎亮氏しとそのグループ。
ちなみにコミュニティデザインとは“人と人とのつながる仕組みを作る”ことだそうで、昨年は豊後高田市昭和の町にも事務所を開いていました。
山崎さんには小売店舗における“人と人がつながる”とはどういうことか、実現するには何が必要か、あらためて発表していただきたいもの。

“人と人とのつながりを作る”については別途吟味するとして、マルヤガーデンズについてもう少し。

  物販施設、中心市街地立地の大型店として見る限り、来訪目的となるショッピング機能をきちんと作り直さないとこれkら大変だと思います。
ありがちな「〇〇初登場」のチェーンショップを集め、それに地場特産品売り場をくっつけただけではないか、というようにも見えましたが、小売業共通の課題=得意客の増加が思ったように実現出来ないのでは無いか。
コミュニティ重視というからどんな仕組みがあるかと思えば、展示&ミーティング用スペースがいくつか設置されているだけ。ソラニワもここで過ごす時間が楽しいとは思えない。
全体として商業施設の生命線である“来訪目的”をきちんと設定しそれを導きに業容が展開されているとは評価出来ません。
「ユナイトメント」はデパートメントを超えることが出来なかったどころか、百貨店の存在意義さえ理解しないまま「超え」ようとしたところに間違いのもとがあったかも知れません。
このあたり、ツイッターで断続的に展開します。

  マルヤガーデンズで検索していたら、“商店街は大型店に負けのたのでは無い、観光を指向して自壊したのだ”説の久繁哲之介氏が高く評価する記事をブログに書いていました。
交流と賑わいを育む”戦略的赤字施設”鹿児島市「マルヤガーデンズ」

物販の「赤字施設」が中心市街地活性化において戦略的な役割を果たす?
赤字=お客の支持が不足しているわけですからそういう施設がどうして戦略的役割を果たせるのか?
そんなことは出来ませんよ。相変わらずですね。

 今現在「赤字」なのかどうか、経営状態は知るよしもありませんが、テナントの構成、レイアウトを見る限り、「ユナイトメントストア」指向が“持続可能性”の構築に成功しているとは思われません。
今どきの中心市街地に登場する大型商業施設として備えておくべき要件(テナントミックス、レイアウト、サービスミックスをほとんど無視していますから。
 補助金が相当入っているようなので、お金は回っているのでしょうが、不採算―撤退―テナントリーシング不調という商店街空洞化のプロセスが再現される可能性が高い。というか既に始まっている?
 
 目下、ツイッターで改善策を考え中ですが、いざ書くとなると地方百貨店全消滅の経緯など、前提となる理論的な部分=土俵づくりから始めることになり、相当な範囲の話にならざるを得ません。今のところ、地方百貨店敗退プロセス、量販百貨店、「セルフvs対面」などを追っています。
量販百貨店―郊外型ショッピングモールまで説明しないと中心市街地活性化の核としての百貨店の活性化の提案をしても何のことか理解しづらいと思いますので。

 大分市、JR大分駅のアミュプラザのテナントミックスが公開されました。http://goo.gl/Wf0y61
アミュは言わば「セレクトショップ・コンプレックス」ですね。
大型商業施設は来店目標に関しては“自己完結”をめざしますから、これに“核”機能を期待するには街の側に相当の仕掛けが必要です。
いずれ当欄で核店舗として活用するための仕掛けについて発表します。

駅前のセントポルタ商店街、現在キラリに取り組んでいますが、しっかり成果が挙がっています。
次の段階は町内でのキラリ実践店舗の増加。今年の取組を通じて手が打たれています。
お隣の竹町商店街はopAm(県立美術館)へのアクセスに当たることからアートを標榜して活性化に取り組むそうです。
隣接する2つ音商店街の取り組み、成果が注目されます。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ