「段階的活性化」という選択

 ローマは一日にして成らず。

 大店法当時からおおよそ40年にわたって衰退傾向に何とか歯止めを掛けようと取り組まれてきた商店街活性化、一部を除き、“維持に支障が生じている(中活法第2条)”趨勢に歯止めを掛けることが出来ません。
状況から脱出し“商業集積としての持続可能性”を再構築するには、少なくとも5年間くらいは必要では無いか、というのが当社現時点での判断です。
 もちろん、これはただの当てずっぽうでは無く、各地における「キラリ輝く繁盛店づくり」の取組の現状をもとにした判断です。

 持続可能性の再構築とは、
①“商圏内においてこのポジションを占めることが出来れば商業集積として持続可能であると見込まれる”あり方を構想し、
②現状ありのままからスタートして集積としての再構築を展望できるところまで移行する作業を計画する
③計画に基づいて必要な作業を継続実施して恒常的な賑わいを実現する軌道に乗る
という段階的な仕事です。
けして、単発、一過性の事業を繰り返すことで実現出来ることではありません。

 問題は、計画に基づいてとりくむ5年間にわたる一連の作業を支援する制度があるかどうか。

 本来なら『中心市街地活性化基本計画』(計画期間5年が一般的)が“5年間の取組でここまで移行する”という内容になっており、各年度毎の作業に対して必要な支援を行う、という仕組みになっているべきところ、残念なことに、多くの基本計画が“各種の事業の成果を蓄積しながら段階的に目的に接近する”という構造になっていないために,事業は整斉と進んでも商店街の衰退趨勢はほとんど改善されない、という現実があります。

 その原因についてはいろいろ考えられますが、詮無い部分もあります。
それよりもあらためて、“ローマは一日して成らず”、恒常的な賑わいを創り出していく、日々の活動がそのまま賑わいにつながる取組を軌道に乗せる、という段階が必要なのでは無いか?
と思うのです。

 現状から出発して「恒常的な賑わいの実現」という目標を実現するには、“5年間”という「移行期」を必要とするのではないか。
(偶然かも知れませんが、基本計画の計画期間も5年です)

 5年間の取組で新しい「繁盛への道」実現の軌道に乗る

 これが中心市街地活性化基本計画の使命ではないか、ということですね。
基本計画は、衰退趨勢から反転して恒常的に賑わう街に移行する・新しい繁盛軌道に乗り移るための過渡期の作業計画である、と考えなければならない。
これが中活法制定以来の取組を見聞きし、また微力ながら多少は直接支援に関わった当社の今現在の考えです。

 繰り返しますが、ローマは一日にして成らず、特に衰退趨勢から繁盛軌道への乗り移りという世界の商店街史上に取り組まれたことの無い前人未踏の最新課題への挑戦、挑戦者には繁盛という成果が約束されている“キラリ”の取組を通じてぜひ成功させましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ