エキナカ vs 中心商店街

 当社は中活法が制定されるはるか以前から、郊外型商業施設が
全盛を迎える時代に「商店街を買い物の場として存続させる」
というテーマを掲げて活動しています。
当社の中心市街地活性化に関する姿勢が、いささか他と異なって
いるとすれば、それは当社の創設以来の経歴に由来します。

 中活法制定以前から郊外型商業 vs 商店街という問題意識を
共有する商店街有志、地方自治体と協働しながら商店街活性化の
理論の構築と実践の支援に取組んでいるわけです。
当社が現在の位置にあるのは、我々自身の努力はもちろんですが、
我々が提唱する「方向と方法」を吟味検討、採用し実践された
皆さんの勇気と力に大きく依存しています。
当社の理論は、協働した皆さんの実践成果から大きな恩恵を受け
ており、今なお理論と実践の相互作用関係は維持されています。

 当社が商店街活性化実践の枠組みとして『中活法』を選択して
いるのは、政府が決めたから、ではありません。
当社長年の取組で蓄積した成果をもって『中活法』を検討した
結果、当社が推進しようとしている商店街活性化の枠組みとして
“極めて適切”と評価したからです。
けして“はじめに『中活法』ありき”ではないのです。

 このような経緯を持つ当社にとって、「活性化の方向と方法」
の決定にあたって、郊外型商業施設との関係をどう想定するのか、
ということは基本計画においてイの一番に決定すべきこと、
これを決めないと中心市街地の“あるべき姿”がイメージ出来ず、
取り組むべき事業も目的整合性を持たないまま、ただ先行事例に
追随する・・・、ということになりかねません。

 ちなみに、このところ紹介している『武雄市中心市街地活性化
基本計画』、入手困難と聞きますが、出来れば確認していただくと、
中活法の趣旨がよく理解されると思います。商店街活性化関係の
指導・支援にあたる専門家の皆さんには是非になると思います。

 さて、「商業施設の活性化」ということでは、
〇百貨店、〇量販百貨店、〇ファッションビル など中心商店街
所在の各種商業施設も「vs郊外型商業施設」という課題に直面
しています。言うまでもありませんね。

なかなか対応が難しいようです。

当社もセミナー講師、テナント指導などの機会もあり、状況は
ある程度把握しています。
共通しているのは“商業理論を装備していない”こと。

いつも言っていますが、競争のただ中にある業態、施設は理論を
装備していなくても構いません。競争相手を基準に“差別化”
なを念頭にこちらの戦術を選ぶことが出来る。
相手も同じことをやりますから、競合同士、切磋琢磨=部分手直し
でいけます。

 ところが、競争最前線から脱落というか、疎外されてしまうと
そうはいきません。熾烈に顧客の争奪を展開している新業態とは
何者か? なぜお客はうちよりも向こうを選んだのか?
理論的にきちんと理解した上で、それを踏まえて自分が向かうべき
方向を決め、そこを確保するために必要な施策を体系的に講じ
なければならない。空洞化趨勢からの脱却、ですね。
そのためには“商業理論”が不可欠ですが、装備されていません。
しかし、商店街に比べてまだましなのは、中心市街地所在の商業
施設で、まちなかゼミナールとか、百縁商店街などに取り組む
例がほとんど無い、ということ。なぜでしょうか?
“三方得する”すばらしい方法があるのに、気がつかないから
でしょうかね。
 
 エキナカ・モールの進出
これは 駅ビルに開設されるモール vs 中心商店街(百貨店・
ファッションビルその他込み)という“域内競合”の勃発です。
対策を講じないと一挙に「陳腐化―空洞化」が促進されることに
なる。適切な対策を講じることが喫緊の課題です。

 基本着眼としては、
1.対抗策を講じて商店街の持続可能性を構築する
2.中心市街地全体の活性化のきっかけにする
ということに活用しなければならない。
いうまでも無く、エキナカモールがオープンしたからといって、
中心市街地全体が活性化することはありません。
全体を見極めた取組が必要であり、そのためには論理と戦略が
必須です。

 これはもう、県庁所在地の百貨店、ファションビルから離島の
小規模食料品店まで、物販施設全体の活性化実現の論理と戦略、
指導経験を持つ当社の出番ですね。
当社以外に誰が手を挙げるというのか(笑
おっと、上げる人がいるかも知れませんが、「身体検査」が必要
です。コンペなんかで選ぶのは大間違い、そもそも「審査」する
側に並ぶ人たちが審査に必要な能力をもっていないのですから。
“みんなが参加するまちづくり”とか“コミュニティデザイン”
といったあらためて吟味しようとすると、何のことやら、訳の
分からない蒙昧用語に幻惑されない、愚直な態度が必要ですね。

 ということで。
新に、郊外&エキナカ対応商店街活性化=「キラリ輝く繁盛店
づくり」の新しい挑戦が始まります。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ