事 例 視 察

 商店街の事業で定番のひとつが「先進事例」の視察。
これまで何度出かけたことか。
でもその成果と言えるものが残っているでしょうか?

 そもそも視察の目的はなにか? 何を得るために行うのか?
というもっとも基本となることがあやふや、漠然とした“がんばって
いるらしい”という風評に基づいて出かける“物見遊山”的な企画が
多い。
昔、中央会さんと勉強会のお誘いに行ったところ、“そんな金が
もらえるなら温泉地に視察に行きたい”とおっしゃった連合会の大幹部
さんがいらっしゃいましたっけ。
当該商店街、今はどうなっていることやら。ハローワークが移転してくる
から、とあらぬ期待をしている噂もありますが。

 視察に出かける側がこういう姿勢とうことは、視察を受け入れる側も
似たり寄ったり、です。視察に来る側から何かを学ばなくては、という
気持ちなど爪の先ほどもありません。なかには“授業料”を請求する
ところもあるとか。
有料にするなら。
何をどう説明し、どこをどう見てもらえば視察の成果が挙がるのか、
当然弁えて対応を組み立てないといけない。
特に、今から取り組むとすれば・・・、という視点で振り返ればとても
成功事例の手口を教えます、という話ではありますまい。

毎度ワンパターンの受け入れでは第一自分たちの成長が得られません。
ほれ、我以外皆我が師。

 キラリの視察研修、行く方も受ける側もきちんと【作法】を弁えておく
ことが大事ですが、視察要領を修得している商店街は限られています。
今年度キラリでは、都市住民行きつけのショッピングモールを視察する
カリキュラムをオプションで用意しています。
ちゃんと「見る眼」を作ってから見るモールはどう見えるか?
楽しみですね。
ぼけっと見に行っても、多分、何も参考になることは見えません。
その点、日頃買い物で鍛えているおかみさん達は違いますね。
視察では「おかみさんの眼」がものを言います。

 さて、話は変わりますが、本年度のキラリ新規の取組は、
①大分県 3
②福岡県 2(+α)
が決定している分。
他に実施に向けて調整・検討中のところがいくつか。
もちろん継続分は別。

 今年のキラリはバージョンアップしています。
その分、参加者の取組方もこれまで以上に〇〇〇です。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ