キラリ と “賑わい創出”

 当社の社内業務の一つに各地の中心市街地・商店街活性化関係の
取組の情報を収集するという“縁の下”的作業があります。
Web経由で入手した『計画』をレビューすることで状況を俯瞰的に把握
する、という作業が中心です。我々はプランニングの専門家ですから、
『計画』を見れば、当該都市の活性化関係の習熟度合いが推測出来ます。

 最近目立つ傾向は、『計画』に前後して行われる作業が増えていること。
①計画作成に先立って構想を作る
②計画期間中に“レビュー”と行う
というものです。
どちらも大事な仕事、こういう既存のスキームで明示されていない・
しかし不可欠の作業への着手が始まっているのは、これまでの取組に
ついての「自力思考」的総括があってのことだと思います。

 特に『基本計画』所載の事業はほとんど全て取り組んだが、活性化
実現の方向は見えていない、これからどうすべきか?という課題に直面
している都市が目立ちます。
ビジョン、総括はこれまでの取組を踏まえて、今後の取組を構想する
という、問題状況からして自力思考に基づく取組を必然とするものです。

 ただし、「ビジョン」にせよ「総括」にせよ、必要な条件を備えていないと
期待する効果を挙げることは出来ません。
「必要」を認識することとそれを充足させる内容を獲得することとは
別の問題ですから。

 ビジョン、総括のあるべき方向については、あらためて考えるとして、
今日はまず、ビジョン、総括に共通して使われている「用語」が変化
して
いることについて。

1.「商店街活性化」の都市経営上の重要性について

 これまでは中活法の文言をなぞって“中心市街地は都市における社会的
経済的・文化的に重要な役割を担ってきた”となんの当てにもならない
文言を書き連ねていただけでしたが、最近はその具体的な内容に踏み
込んだ記述が見られるようになりました。
たとえば“地域経済の循環性の再構築”(活性化の必要性・上位目的)
“通行量の賑わいへの変換”(活性化の具体的な方向)など。

 いずれもこれまでの取組が当然の前提としながらその内容を深化せず
具体的な事業案出の導きにすべきところ、単なる修辞に終わっていた
上位目的・目標です。

 こういうキーワードがあらためて取り上げられる傾向は(本来なら
スタート時点で整っていなければならなかったが)、良い傾向だと思い
ます。

 しかし。
 我々が採用する「一般問題解決論」では“問題解決過程”を
①問題を発見する
②問題を定義する
③解決策を案出する
④解決策に取り組む
⑤結果を批評する
という5段階に区分して、それぞれのプロセスを処理するにはそれぞれ
異なる能力・アプローチが必要だとしています。
(※ちなみに「一般問題解決論」はtakeoが先人の業績をもと編集した
考え方です)
 問題を発見したからと言って、すぐさま解決策が出て来るわけでは
ありません。特に、これまで解決出来なかった問題状況において新しい
着眼を発見した場合など、それに即応して適切な解決策が得られるとは
考えにくい。アタマの中味が即時に切り替わるわけではありませんから。

 “通行量増大”から“賑わい創出”へ
特にこの問題は、我々が長い間繰り返し、提唱してきたところであり、
また最近では「賑わい事業補助金(申請は済みましたか)」の要綱において
“補助対象はイベントなど、但し、企画内容は事業終了後、恒常的な
集客・売上の増加が継続すること(要旨)”とされていることも影響して
いるのかも知れません。

 問題はここから。
イベント通行量の恒常的賑わいへの貢献は、誰もが願うことですが、
一過性のイベントを延々繰り返してもイベント客が商店街の買い物客~
愛顧客に変わる保証は全くありません。
これまでの取組でよく分かっているとおり。

 あらためて「賑わい創出」が課題として浮上しているわけですが、
何にどう取り組めば実現出来るのか?
きちんとした答えをもっている都市・商店街は少ないでしょうね。
少なくとも我々がチェックした限りでは、“賑わい創出”を掲げながら
実現するための施策が従来通り“通行量”や“他目的来店訴求”に止まって
いるものがほとんどです。

 この「転換」を担保するのが、当社が提唱する“キラリ輝く繁盛店
づくり”です。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ