商店街活性化、県と市町のギャップ

 地方公共団体が主導し、商業者が主役で推進する商店街活性化への道。
我が国唯一の商店街活性化のスキーム=『中心市街地活性化法
― 基本方針』で提唱されています。
しかし、「旧法」を呼ばれたりする『中心市街地における市街地の
整備改善及び商業等の活性化の一体的推進に関する法律』以来、
基本的な方向と方法は今日まで一貫しているこのスキームを使い
こなし、活性化への道を築いている都市は極めて限られています。

 ご承知のとおり、当社は『中活法』のスキームを基本とする
中心市街地・商店街活性化への道を計画作成から個店の繁盛実現
まで一部始終について理論的・実践的な取組を提唱しています。
ご承知のとおりです。

 その伝播普及については、「商店街活性化への道」セミナーを
①当社主催、②都市主催、③県主催 で取り組んでいます。
②、③については講師として招聘されるものですが、内容は当社
プロパーのものとほとんど変わりません。

 県主催のセミナーは、県下の市町、商工会議所・商工会、商店街
のリーダーさんという“関係三者”が一堂に会してスキームの
理解を共有される機会、県としてはなかなか成果が挙がらない
県下の商店街・中心市街地活性化に新しい選択肢を提供する、
ということで積極的に開催されるのですが、残念ながら受講者の
意欲というか問題意識とぴったり合致するとはいかないようです。

 これは、キラリも同様で、県がスキームを準備して市町と共同支援、
商店街が取り組む、というスキームも3、4県で実施されて
いますが、
市町の意欲は残念ながらいまいちのところもあります。
きちんと成果が挙がり、中には参加した店主さんから“これまで
取り組んだ補助事業ではじめて自店の役に立った”と評価されて、
報告会では感謝の言葉が相次ぐのですが、どうも市レベルの担当者
さんのハートを打つには至らないのか、市町の商業振興施策全体への
きちんとした位置づけが行われないまま、次年度を迎える、という
市町もあります。

 
議会質問
県議会:県下で1個所ぐらいは成功事例が作れないか?
市議会:県下に成功事例がないので難しいことは分かっている・・
という違いがありそうですね。

 それはともかく。
最終的に補助金の効果を実地に確認出来るのは、市町ですから
その結果は掌を指すように掌握している、と思いたいところですが、
如何でしょうか。
このギャップをどう埋めていくか、活性化の最前線に立つ市町の
取組の転換=主導の立場の確認と行動―をどう確保するのか、
課題です。

 キラリ、今年度スタートするところは、従来の結果を踏まえ、
成果が市町に定着し、発展していく形を作るべく、スタート時点
から“事業終了後の取組”を想定し、その実現を目指したいと
思います。

 実際に取り組むのはそれぞれ市町と商店街の皆さんですが、
今年は遠慮無く四つに組める“土俵”の作り方から改善します。

 今月は2商店街でスタート、これから逐次増えていきます。
当社の支援体制も今年はさらに充実しています。 

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ