「キラリ」はラストチャンス

 キラリの取組、最初は皆さん感激して“うちの商店街の活性化
実現に最初にして最後のチャンスだ”といわれます。
もちろん、我々も当初から同じ考えですから、よし、これで活性化の
実現に向けて協働が出来る、と判断するわけですが、おっとどっこい、
そうは問屋が下ろしません。

 事業が進むにつれてラストチャンスという位置づけは次第に色あせ、
自店が繁盛すればOK、それ以上は望まない、どうせ出来ないだろうし。
という雰囲気になっていきます。
そうすると“事業の終わりがキラリの終わり”いつの間にかキラリも
他の事業同様「一過性」扱いになってしまう。
キラリはもうお終い、次は今評判の“まちなかゼミナールだ”、
“百縁商店街だ”とキラリスタート時点では歯牙にも掛けなかった
販促イベントに目が向いてしまいます。
そういうところも実際にありまして、はて、“ラストチャンス”
だったはずなのに、と思うのですが。

 これは当社にも責任がありまして、なにしろ皆さんは“ラスト
チャンス”という認識はあってもラストチャンスをどう活かすか、
そのためにはこれまでの活動をどう変えなければならないか、
キラリを組織にどう位置づけるか、といった問題は、どう取組ん
だらいいか分からない、という状況にあるわけです。
この点、もっと我々がきちんと指導すれば良かったのですが、
当方にも遠慮があり、それより何より、“ラスト”と自覚する
からには従来とは抜本的にことなる取組が必要であり、その内容は
自分たちがこれまで経験したことの無い領域なので指導支援を
得ることが必要だ、ということは自家kすあれているはずだ、と考える
わけですね。

 ところが実際にはそんな話は、行政・商工会議所・商店街組織
三者のうちどこからも出てこない、そして年度が変わると元の木阿弥、
そのうち担当者が異動すると完全にお終い、というところが少なからず
ありまして、これではならじ、今年度スタートするところは絶対に
そういう羽目に陥らないよう、しっかり取組みたいと思います。

 “キラリはラストチャンス”とは、全く掛け値無しの話、ラスト
チャンスをものにするには、段階的・計画的な事業の拡大が不可欠
です。

 足踏みしているところはあらためて“ラストチャンス”と心から
感じたころに思いを馳せ、あらためてどう取り組むべきか、しっかり
考えていただきたい。
キラリに使った公的資金と皆さんの時間を活かすのは、キラリの
初年度を終了してからの課題です。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ