逆転の発想

 商店街活性化関係の常識では、中小小売商業者の支援が必要だが
営利事業である個店を直接支援するわけにはいかないから商店街
に対して行う(公共街区でもあるし)ことになっています。

 見方によっては、商店街への支援を通じて(手段)に個店群の活性化
(商売繁盛)を実現するというシナリオ、真の目的の中には中小商業者・
個店の繁盛も含まれる、とも考えられます。
個店が繁盛することがなぜ必要か、当ブログ常連の皆さんにあらためて
説明の必要はありますまい。

 さて、商店街活性化への支援が中小小売・サービス業の振興、各個店
の繁盛実現を目的とする「手段」だと考えれば、その成果はもちろん、
立地する各個店が繁盛する、繁盛実現への希望が出て来る、ということで
なければならない。
現状なかなか思い通りにいっていない、というところに関係者の悩みが
あるわけですが、悩みを解消するには取組や発想やらをこの際一度、
ガラガラポンしてみることもあり、ではないかと。

 開き直って考えれば、逆もまた真なり、個店の繁盛再生を商店街活性化
実現の手段として位置づける、ということもあっていいのではないでしょうか。

 これまで散々取り組んで来た、街→個店という取組がどうも上手くいかない、
全国おしなべて成果に乏しいわけですから、「逆転の発想」で、「個店→街」と
活性化の手順を逆転してみたらどうだろうか、ということです。
「繁盛店の創出」を手段・具体的な取組として商店街を活性化する。

 すでに「キラリ」が実践しているところですが、商店街全体の賑わい、実効
ある通行量の増加に直接つながる、しかも特定の(イベント開催など)日時
限りの人出では無く、一年中、買い物客で賑わう、という商店街・商業集積
にとって本来の意味での賑わいを作り出す上で「個店の活躍」は不可欠です。

 もっと具体的に言えば、
事業で要求される通行量の増加、売上の向上という数値目標の設定と達成
も個店を単位で考えれば、的確に試行錯誤を展開することで実現可能であり、
その達成による商店街全体の目標達成は文字どおり、プラン―ドウ―シー
の、マネジメントの対象になります。

通行量は、個店の愛顧客の来店頻度の向上、愛顧客の増加、お試し来店客
の増加について各個店が目標を設定、それを積み上げればOKです。

売上は、客数×客単価 客数は上記のとおり増えますし、客単価のアップは
いうまでも無く「店づくり(品揃え・提供方法・環境)」の改善で実現します。
「キラリ輝く繁盛店づくり」そのものですね。

 こういう取組が計画していない商店街・中心市街地のにおける活性化実現の
バロメーター「数値目標」はどういう手法で設定されているのか?
その目標は、各個店の経営努力とどう結びつけられているのか、
各店主はその目標を示されてどう「やる気」を起こすのか?
このあたりは一切不問、ただいわれから鉛筆を舐めて数字を並べてみた、と
いうのが数値目標の現状ではありませんか?

 商店街に必要なのは、慣行的事業に如何に上手に取り組むか、では無く、
本当に必要な成果を挙げるには何を為すべきか?
「愚直」に、腹を割って頭の中の「常識」をひとまずカッコで括っておいて
考えて見ることです。
もちろん、白紙状態で考えることは出来ませんから、さしあたり、当ブログや
クオールエイドのサイトをしっかり読み込み、それを道しるべ(従うもよし、
拒否するもよし)に、現時点からの踏み出していく方向をさだめ直すことを
決意していただきたい。

 チャレンジされる商店街・個店を当社は、至れり、尽せり・力の限り支援
しますので、ご遠慮なくメールをどうぞ。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ