FC2ブログ

誰もがみんなコンサルタント

 コンサルタントのお仕事は、他人の問題解決のお手伝いをして報酬を
得ること。ちゃんと問題解決に貢献できるかどうかで真価がきまります。
コンサルタントは、「他人(依頼人)の仕事が上手くいくように必要な
貢献をして代価を得る」という商売。

 報酬を括弧に入れると、「問題解決のお手伝い」という仕事は、誰もが
やっていることです。
誰もがみんな「誰かにとってコンサルタント」が世の中ですね。

 「問題解決のお手伝い」に成功するには何が必要か?
一般原則みたいなものがありますし、さらに職業コンサルタントなら
それに自分自身の流儀ともいうべきものをもって仕事をしているはず、
どんなものがあるか知りたいと思いませんか?
これは人によってさまざまだと思いますが、商売である以上、これは
外せない、という条件もありますよね。

 さて、コンサルタントさんが首尾良く任務を全うするには、(有償
無償をを問わず)自分をコンサルタントとして処遇してくれる人に影響
を与えなければならない。
相手に影響を与えずに相手の「問題解決に貢献する」ことは出来ません
からね。
コンサルタントのお仕事は、「(要請により)問題解決に関して、顧客に
影響を与えること」です。

 そこで問題:人はどういう時に他人から影響を受けたいと思うか?
恒常業務としてのコンサルタントは、見込み客から“解決しなければ
ならない問題に関してこの人の影響を受けたい”を評価され、その実現に
向けて行動してもらわなければならない。
そのためには、見込み客に対して“自分が最適の相談相手”であることを
アピールし受容してもらうことが不可欠です。

 そのためには、“私はこういうコンサルタントです”という告知が
必要です。「見える・化」ですね。

 われわれが採用している「見える・化」は、
【われわれとつきあって満足した顧客の存在をアピールする】
ことを通じて行っています。

「最良の広告は満足した顧客の存在である」
マーケティング界隈では耳にたこができるほど聞かれる言葉
ですが、
満足した顧客の存在を「これから獲得したいお客」にどうしたら
首尾良く伝えられるか?
ビジネス=誰かの問題解決に貢献することを通じて自分の目的を
達成する、という仕事に就いている人には全員共通する課題、
コンサルタントも例外ではありません。

一番雇いたいコンサルタントは誰か?
売れすぎてとてもうちには来てくれそうないコンサルタント、
という笑い話もあります。笑えるかどうか分かりませんが。

 さて、誰もがみんなコンサルタント、コンサルタントさんの
言動を観察すると、「我以外皆我が師」参考になることが山ほど
あるかも知れません。「人の振り見て我が振り直せ」中には
こりゃだめだ、というケースに遭遇することも無きにしも非ず、
なにしろ、コンサルタントを分別するほど経験を積んでいる人は
少ないでしょうから。

ネットで評判を検索しようにも、どういうわけかほとんどヒット
しないのがコンサルタントというお仕事です。

ということでキリがありませんので、
「コンサルタントという商売」にあらためて興味のある方は
G・ワインズバーグ『コンサルタントの秘密』共立出版
そうか、そうだったのか!と思われるかどうか。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ