賑わい補助金の活用【本番】

 耳にタコでしょうが、これからが本番、
こうすれば必ず所期の成果が得られる補助事業の取り組み方。


再々々々掲です(笑
耳にタコでしょうが、さらに念のため。

 社会生態学者を自称した故ピーター・ドラッカーさんは、
“事業の目的は事業に先行して事業の外にあり、事業の成果は
事業終了後に事業の外に現れる”といいました。
「事業」は、企業、自治体、TMOなどの組織から、個別企業が
実施する個別のプロジェクト、ルーティーンワークまで全てに
ついて言えること。

※ここで問題。あなたが所属する組織の“組織に先行して組織の
外にある目的”とはなんでしょうか?
社会の“地殻変動”的変化のただ中にある今日、あらためて自問
自答してみることは大変意義があると思います。

 さて。
ドラッカーさんの言葉をかみしめつつ、今日は「賑わい補助金」を
活用した事業の企画・取り組み方について、これまでの記事より
さらに突っ込んで考えて見たいと思います。

 まず、補助金について。

制度の趣旨: 【引用元】
********************************************
本事業は、商店街振興組合等が地域コミュニティの担い手として
実施する、継続的な集客促進、需要喚起、商店街の体質強化に
効果のある事業に要する経費を助成することにより、消費税の
税率引上げを見据えた恒常的な商店街の集客力及び販売力の向上
を図ることを目的とするものです
引用終*****************************************

 解剖すると:
手 段:①商店街が取り組む
    ②継続的な(事業終了後も)
③集客促進、需要喚起、商店街の体質強化
    に効果のある事業に取り組むことで、
目 的:商店街の恒常的な集客力および販売力の向上を図ること

※補助制度等を利用するときは、その事業の【目的(趣旨)と手段
(事業内容)】を十分理解したうえで、商店街の実状に照らして
具体的な事業内容を決めること、その場合、
①制度の趣旨に合致しており
②事業内容が商店街の課題解決に優れた効果が期待されること
の2点を基準に企画することが大切です。

 「賑わい補助金」の場合、
趣旨は、「①商店街ぐるみで、②恒常的な、③集客力、販売力の
向上を実現する」ことですから、事業終了後、商店街は集客力、
販売力が向上していなければならない。
よろしいですか。

事業は、取り組んで無事終了することが目的ではなく、
※※事業が終わったら商店街の集客力、販売力が向上し、売上げが
恒常的に伸びるようになった。※※
という状態を作り出すことが目的です。
言い換えれば、商店街が陥っている右肩下り、じり貧スパイラル
から脱出、継続的な右肩上がりを実現していく、そういう取組を
支援するのが「賑わい補助金」の使命です。
(そういう効果のある事業を企画すること!)

 目的を達成するために取り組むべき事業は、
①集客促進・・・商店街にお客を集める:来街促進
②需要喚起・・・来街者を入店客・買い上げ客に変身させる
③体質強化・・・(後述)
とされています。

 ①、②だけを見ると“来街を訴求し、ショッピングを訴求する”
という、従来、商店街が取り組んできた販売促進イベントと同じ
ようですが、「目的」が明確に違います。
瞬間風速的なイベント目的の来街促進ではなく、事業終了後も
継続する「集客促進・需要喚起に効果のある事業」の企画・実施
が求められています。一言でいえば:
“取り組んだら事業終了後も効果が持続する業績向上事業”を
企画し、実施し、成果を上げることが求められているわけです。
こうして見ると大変難しい、だが、本当に街を活性化したいなら
当然取り組まなければならない事業だと思います。
そこで大きく浮上するのが
③体質強化
のための事業です。
これはもちろん商店街組織のことだけではなく、所属する各個店
についても課題です。というか、そもそも個店群の集客・販売力
に問題が無ければ、その集積である商店街の活性化が課題になる
ことは無かったはず、と考えればこの事業で実現を目指す“体質
強化”とは商店街組織のみならず、個店の体質強化も含む、課題
とするものと考えなければならない。
シャッターの外側でいくら事業に取り組んでもその成果が個店の
シャッターの内側に「売上げアップ」として実現しないことは
これまで散々経験してきたことです。

 今回の事業を成功するには 《何が何でも》 ここを突破する
決意が必要です。
従って、今回の事業取組にあたっては、
“事業を通じて組織、個店の体質強化を実現する”
ことが最大の課題になります。

 一般に目的を達成するには、①適切な事業を企画すること
②事業を適切に運営すること、が必要です。
この事業の場合はどうでしょうか。

※※この続きは、掲示板【商店街・起死回生】へ。


「賑わい補助金」の活用を考えている人は必ず引き続きおつきあい
ください。
賑わい補助金の趣旨を活かす=商店街活性化を本気で考える人は
必ずクリアしなければならないハードルとその越え方を考えます。
こういう使い勝手のいい補助金は最初で最後かも知れません。
そのつもりで取り組むことが大切です。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ