FC2ブログ

フォーマット・ドクトリン

 battle doctrin という比較的新しい軍事用語がありまして、「戦闘教義」などというおかしな訳語で通用しているようです。
日本語で言えば「戦闘原則」といった意味なんですけどね。
教義と原則は相当違うだろうが。
ウィキの解説もう~ん、なんだか隔靴掻痒です。
ともかく、この war doctrin にヒントを得て思いついたのが、タイトルの「フォーマットドクトリン」で、たぶん、takeoの造語です。

結論から書きますと、
format doctrin とは「業容定義」のことです。
GMSとは何か?
RSCとは何か?
などをそれぞれを過不足無くコトバで表現したものがそれぞれの業容の「業容定義」です。
もちろん、業種・業態レベルだけではなく、
「○○時計店とは何か?」
という個店レベルでも業容定義は可能だし、行うべきです。
業容三点セットの構築ないし革新は、業容定義に基づいて実行する・・・・。

 ひと頃、よく「コンセプト主導の店づくり」ということが流行りましたが、“って、どういうこと?”、“コンセプトって何のこっちゃ?”と聞かれると、話はそこでお終いになる、ということだったように思います。当社の「商人塾」では“え~と、コンセプトは・・”などと口走ると、完膚無きまでに追求されたものです。
ことあるごとに“コンセプト”と口に出る人は、コンセプトの何たるかを理解しておらず、ましてやそれをどう実体化していくか、ということについては、理論も技術も持ち合わせていません。
特に小売業界において「コンセプト」は、実現することのないまやかしであることが多かったわけです。

 ということで、挫折久しい「コンセプト派」の皆さん、あなたたちが本当に取り組みたかったのは、「フォーマットドクトリンが導く店づくり」だったようですよ。
これだと「理論・技術」も装備され、「SWOT」も新しい機能を期待して活用することが出来ると思います。

新しく【理論創発】で考えようとしています。
「業容革新」に関心がある人は、製流販、立場を問わず必読だと思います。

 始まる話は「業容の革新は、業容定義に基づいて推進する」ということですが、あったり前じゃん、と思った人は半分は正しく、半分は早とちり、です。

SWOT分析などをやってみたい人は、絶対装備しておくべき概念。

 ちなみに「戦闘教義」:
ウイキの説明は不十分、当該スレッドではこれについても解説しますので、軍事方面に関心のある方もどうぞ。


ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ