commodity、speciality、luxury

 金属製の大根おろし器、百均で買えばもちろん105円です。スーパーではたぶん500~1,000円位で売られていると思います。

 たかが大根おろし器されど大根おろし器、でありまして、日田市豆田町みゆき通り商店街の金物屋・嶋屋本家さんには一個10,000円のおろし金が売られており、着実に売れているそうです。
誰が買うかと言えば、①地元のお客、②観光客の両方。
豆田町、今はちょうどひな祭り、大勢の観光客が押し寄せてショッピングを楽しんでいるとき、金物屋さんもしっかり売れていることでしょう。

 豆田町のひな祭り、天領時代の街並み景観などで広域からお客を集めていますが、お客の目的はそれだけではありません。商店街ですから、もちろん「ショッピング」が大事な目的です。
ちなみに一般に観光客をねらっている商店街(商業観光)の現状はこんなものです。
商業観光への一視点:

 ところが。
みゆき通りの場合はまったく異なり、上述のとおり、10,000円の大根おろし器が売れ、3,000円の銀杏まな板が売れ、20,000円の漆器が売れます。ひな祭りを見に来たお客が家を出るときに、豆田で大根おろし器を買ってこよう、まな板を買おう、漆器を買わなくちゃ、と考えて出発するはずがありません。
これらはほとんどが“衝動買い”ということになります。

 なぜこのような衝動買いが発生するのか?
キラリではちゃんと説明出来ますが、皆さんは如何ですか?

 ちなみに爪切りの場合。
百均には105円で約50種類が揃えられています。コンビニは475円で一種類しかありません。上記の金物屋さんでは5種類、1,500~3,000円というプライスゾーン。百均で買うのは貧乏人、金物屋で買うのは金持ち、というわけではありませんよ。

 なぜ、こんなことが起きているのか。
きちんと説明出来ないと商店街活性化は実現出来ません。

 ということで宿題です。
この記事のタイトルについて、何を意味しているのか、ネット検索で調べてみて下さい。
「二極分化」といわれている消費購買行動の現実を理解する手がかりになります。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ