「商店街活性化」の軌跡

年末に開催した“自治体担当者限定セミナー」のテキストから、標題について抜粋して供覧します。

1.商店街活性化の歴史
(1)第一期:「振興と調整」期昭和48年~平成3年
①商振法:規模・組織・資金
②大店法:事業機会の確保
③課題:大型店が進出する中で商店街(中小小売商業者)の
  事業機会の維持存続
④施策:高度化事業販売促進

(2)第二期:「商店街活性化構想」期平成3年~10年
①大店法緩和商調協から大店審へ
②商店街活性化基金(商店街活性化構想策定事業)
③商店街振興組合—県連
④施策:高度化事業・販売促進事業の奨励

(3)第三期:『整備改善活性化法』期平成10年~18年
①市街地の整備改善・商業等の活性化の一体的推進
②地方公共団体のイニシアティブ
③専門機能(TMO)の設置
④施策:高度化事業・販売促進
※商店街活性化は点(個店)や線(商店街

(4)第四期:『中心市街地活性化法』期平成18年~
①都市機能の増進と経済活力の向上
②地方公共団体の責務
③都市福利施設、居住機能の整備
※商店街活性化は商業施策だけでは実現出来ない 
 ※目標数値の設定・・・集客事業の促進


2.中活法以前の取り組みの特徴
(1)「商業の活性化」、「中心商店街の活性化」の定義が不明確
  ななかで、「商業活性化事業」と考えられる事業が繰り返さ
  れた。
①「買い物の場」=個店の業容改革は放置したまま、「商店街
  活性化事業」に取り組めば、その結果として個店の業績も
  好転する、と考えられていた。
②「高度化事業」のミステイク
大型店対策として「高度化事業」に一面的に取り組んだが
  成果が挙がらなかった。
建物・施設の高度化に止まり、消費購買ニーズの高度化に
  対応する「買い物の場」 としての高度化が実現され
  なかった。
③中心商店街を「買い物の場」として活性化するためには、
  「郊外型ショッピングセンターとの関係をどう考えるか」
  という課題に答えなければならないが、問題意識が届か
  なかった。

(2)「商業理論」が装備されていなかった
①「商業の活性化」という言葉が定義されていなかった。
  「商業活性化事業」と総称される事業に取り組むことが
  「商業活性化」であると考えられていた?
②市民に対するアンケート調査などに明確に現れている「消費
  購買行動の変化」「(買い物の場としての)中心商店街に
  対する要望」に対応する、といいながら、適切な手が打て
  なかった。

(3)「買い物の場としてニーズの変化に対応する」という中心
  課題については個店の努力に任せた取り組みが主だった
①個店の経営は、経営者がプロである。個店レベルの活性化は
  個店が取り組む。
プロである個店が対応できない「規模」的課題に対応する
  のが商店街活性化の課題である、とする考え方
②施策は、施設整備・販売促進などが主体、個店の経営技術の
  レベルは不問
③個店の経営技術が改革される契機・条件は乏しかった
※「高度化事業」の功罪
※「経営改善普及事業」の功罪

3.『整備活性化法』のスキームによる取り組み
(1)多種多様な商業施設が進出している中で事業機会を確保
  する、「買い物の場」として存続可能なポジションを再構築
  する、現状から街ぐるみで転換していくことで実現する、
という目標~方針が明記されなかった
①「空洞化」とは何か? なぜ起きたのか? どうすれば対処
  できるか?
②「活性化」とは何か?
③これまで一度も定義されていない

(2)次のような事業が一過性で取り組まれた
①再開発・区画整理事業と平行する施設整備 ②環境整備
③空店舗対策 ④集客イベント ⑤その他
※「買い物の場としての充実」という視点が無かったため、
  「買い物の場」である個店の 「シャッターの内側」を
  問題にすることが出来なかった。

(3)「活性化」と「個店の繁盛」の相関について
①商店街という立地環境が整備されれば個店の繁盛は保証
  されるか?
②個店の経営実態は、立地環境が改善されれば活性化可能な
  水準か?

(4)三層三重・同時並行のミステイク
①個店・・・繁盛店づくり、適切な取り組みが出来なかった
②組合・・・組織として何を為すべきか、適切な行動がとれ
  なかった
③中心市街地活性化・・・①及び②状況を適切に導く取組の
  方向と方法を定めきれなかった
(5)「郊外型商業全盛時代」、中心商店街が果たす役割は何か
  ということが問題にならなかった
①郊外の商業機能、特にショッピングセンターとの競合関係
   が意識されなかった
②「ショッピングモールとしての再構築」を実現するための
「個店の役割」が意識されなかった

4.『整備改善・活性化法』時代、あるべきだった取り組み
(1)基本方針:「市街地の整備改善」と「商業等の活性化」とを
  車の両輪として実現する
「目標」を定め、二つの事業系を一体的に計画・推進する
①スキームの活用以前にこの目標を定められなかったところ
   に、「総括」の根本的な必要性がある
②スキームを活用するためには「スキームを活用して実現
   したいこと」が認識されていることが大前提。
③スキームは、『目標』を達成する仕事のスキームであり、
仕事が実現すべき目標を示すものではない。
目標は、スキームに先立ち・計画主体が自ら決定すること

(2)一体的推進の目標:
「中心市街地の商店街群を一個のショッピングモールと見立て
再構築する」
①『TMOマニュアル』に示されているTMOの任務
②郊外型商業集積、ショッピングセンターとの「棲み分け」
という方向の明確化
③そのために何を為すべきか
特に「買い物行き先としての個店のシャッターの内側」の
改革の取り組み


5.商店街空洞化のメカニズム
(1)小売商業の経営基本
①成功事例の踏襲+差別化
  ②商業者の経営行動の基本は「経験とカン」
③その競争戦略・・・差別化
(2)中小小売商業振興施策(「振興と規制」)
  ①振 興=中小小売商業振興法  
経営の近代化・・・経営改善、高度化事業
  ②規 制=大店法 一定規模以上の大型小売店舗の出店調整
  
(3)商店街の空洞化 「陳腐化 ― 劣化 ― 空洞化」 
①大型店の出店
  ②経験に基づく対抗策(販売促進)の不発
  ③個店業容の劣化 業績低下 
  ④集積としての機能の劣化 
  ⑤空洞化


6.これまでの取り組みの総括:なぜ活性化出来なかったか
(1)「問題設定」の誤り
  ①大型店の機能の誤解(「組織と資本」の意味)
  ②「規模」の問題と誤解した

(2)対応策の誤り
①商店街間競争の経験で解決しようとした
②「不足」を加上することで大型店に対抗・・・現在まで
続いている
「高度化事業」取り組みの挫折  ※「加上」とは

(3)欠けていたこと
①問題解決力(状況判断―問題設定―解決策の立案―実施)
  ②所要の理論の欠如 (商業理論他)

************************************

 如何ですか?
こういう問題状況について当社以外ではまったく問題になっていない、ということこそが最大の問題かも知れません。

さらに言えば、もちろん、上記を一読して“なるほどよく分かった"からと言って、自力のみで活性化ができるとは限りません。
むしろ、問題が分かれば分かるほど自力だけで解決するのは困難だ、となるはずです。
問題は、解決のめどが立ってからはじめてその正体が分かる、ということもあります。「商店街活性化」はまさにそういう問題の典型ですから、問題が理解出来たらあらためて“この問題に取り組む為に必要な基礎体力を我々は持っているだろうか"ということを自問自答しなければならない。

 もちろん、その答は“持っていない”ということになるはずですが・・・。
次の自問自答は、“ではどうするか?”ということですね。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ