謹 賀 新 年

清々しく新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。

旧年中はご指導ご支援まことにありがとうございました。
商店街活性化につきましては、前年に引き続き各地でキラリ事業に着手する都市・商店街が増え、「キラリ会」が創設されるところも多くなりました。
特にキラリ店の線~面への拡大に取り組まれる商店街が増え、並行して取り組み拡大のノウハウも蓄積されて来ました。
一方、地元商業者が集積する商店街の地域経済における役割(消費~所得循環のカナメ)を踏まえ、都市経営の戦略課題として商店街活性化を位置づける都市も(徐々にですが)増えています。
 しかしご承知のとおり、キラリに取り組む都市・商店街はのまだまだ少数派、全般情況からして取組の普及拡大が喫緊の課題となっています。

 このようななかで当社は昨年、初めての試みとして地方公共団体の商業振興・中心市街地活性化の実務を担当される皆さんを対象にセミナー「中心市街地活性化への道」を開催、予想以上の参加をいただき、あらためて「問題」の重要性を確認しました。
セミナーでお伝えしたかったことは、
1.商店街そこに立地する地元中小商業者が都市経済において果たす役割
2,商店街活性化の方向と方法
3.地方公共団体をはじめ関係団体等の役割
4,取組の再編成
などについて、これまで全国各地の地方公共団体、商店街有志との協働による仮説―試行によって蓄積した『方法と方向』です。

 “過去の失敗を忘れる者はそれを繰り返す運命にある”と申します。振り返ってみますと、昭和48年の大店法・商振法制定以来、40年にわたって全国で展開されてきた中小商業振興・商店街活性化の取組はどのような成果を挙げ、蓄積しているでしょうか。
あらためて真摯に総括をすることが喫緊の課題となっていると思われます。セミナーに参加された都市に新しい取組が生まれることを心から期待いたします。

 本年は、商店街活性化と中小商業振興、とりわけ経営改善普及事業との密接な連携を実現する試行にチャレンジされる有志との協働を実現します。
これまでのキラリで培った信頼関係を基盤に、商工会・商工会議所、小規模事業者を中心とする商店街、地方公共団体の三者協働による活性化の推進というこれまであるべくして実現していない地元商業・商店街活性化を推進する体制の構築ー実践を支援して参ります。

 あらためて申し上げるまでも無く、地場中小商業、商店街活性化の行く手は、都市関係各方面の皆さんの取組如何に掛かっています。
第一歩はこれまでの取り組みの「決算」として現出している商店街の現状を直視し、突破していく決意をもってこれまでの取り組みを総括することです。
“過去を忘れる者はそれを繰り返す運命にある”
「商店街活性化」と「商店街の販売促進」とは目的も事業内容もまったく異なることを理解することが“活性化への道”を構築する不可避の課題であることを理解しない限り、地元中小商業・商店街の将来を構想することは出来ません。

 当社、本年も商店街活性化への道、都市中小商業振興に取り組まれる皆さんのチャレンジの成功に貢献できますよう微力ですが力を尽くして参ります。
 本年もご指導ご鞭撻賜りますようお願い申し上げます。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ