FC2ブログ

RSCという課題

 郊外立地のショッピングセンター、とりわけ業界用語でRSC(リージョナルショッピングセンター)と呼ばれるタイプとの関係をどう考えるかということは、中心市街地・商店街活性化に関わる人にとって、看過することの出来ない基本的な問題です。

 正面から激突するのか、棲み分けか、はたまた‘存在しないことにする」のか・・・・?
 この基本的な問題についてほとんど(一言一句も!)言及することなく“中心市街地の商業をこうして活性化する”と大見得を切っている新・旧の計画が多いのは、なかなか一筋縄では理解できない情況です。
ということはさておき。

 RSCへの対応を考えるにあたって、最初の課題は「RSCとは何か?」、RSCが担っている「ショッピングの場」としての機能はどんな消費購買行動に対応しているのか? を理解することです。対応を迫られている相手の正体を見極めないと、こちらの態度を決めることはできません。

郊外のRSCとどう対応するか、という課題と同時に、新スキームでは、中心市街地に大型商業施設の誘致という選択肢も新設されました。
中心市街地にふさわしい大型商業集積とはいったいどのようなものか?
何を誘致したら中心市街地全体の商業の活性化を牽引することが出来るのか?
ということで、「ショッピングセンター」を理解することは、中心市街地活性化の計画~推進に欠くことの出来ない作業になっています。
というか、本来なら「中心市街地活性化」が都市経営上の課題として浮上してきた段階で当然解明しておかなければならなかったことですが、見事にスルーしたまま計画が出来上がっています。このあたりも「総括」が欲しいところです。

 RSCとは何か、実は当のRSC業界でもよく理解されておりません。外国の事例を参考にしつつ‘もっとたくさん売りたい!’という情念に基づいて創意工夫を重ねていたら現在のカタチが出来上がっていた、ということですから、そもそもお客のデスティネーションが定義されておりません。つまり、RSC自身が自分の正体を自覚していない、というのが実状です。
さらに言えば、SCの母体であり、現在その「核」の位置を占めている「日本型GMS(ゼネラル マーチャンダイズ ストア)」のデスティネーションも、登場以来今日まで不明。

 ということで、今や、中心市街地も郊外も、SC及びその「核」であるGMSの正体を理解することなくては所期の事業目的を達成できない、ということでは同じ問題に直面しているわけです。奇妙ですね。

 目下【理論創発】では、新スキームでさらに深い関わりを持つことになったRSCおよびその「核」であるGMSについて、論じています。
商店街起死回生】では、これから「起死回生の策」として登場するであろう、中心市街地へのRSC誘致」について、別府市の事例をケーススタディとして考えています。

 大規模集客施設の中心市街地立地を促進する「アクセルとブレーキ」に関心のある人は、立場を問わず、どうぞ。
「RSC間競争」の渦中にある人も。


ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ