暗中臆断か仮説試行か

 【暗中臆断】:全体的な見透しを持たないなかで、必要を感じるたびに手当たり次第,根拠の無い判断のもとに行動すること。

 商店街活性化、ほとんどの取り組みが、“これに取り組めば商店街は活性化する”という見通しを持たないまま、ただ、これまで取り組んできたか、とか、他の街で取り組んで成果が挙がっているらしい、という漠然とした“理由”だけで取り組まれています。
皆さん、ご承知のとおり。

 昨日今日始まったことではありません。
全国の商店街で“商店街活性化”が取り組むべき課題として意識されるようになって以来のこと、遅くても大店法が施行された昭和48年頃まで遡って、商店街活性化の取り組みはほとんど「暗中臆断」によって企画され、取り組まれてきました。

 本当は、どうして我が街は活性化が必要な事態に陥ったのか、そこから抜け出すには何をなすべきか、論理的に考えて手を打つべきところ、売上げが落ちたから売り出し、通行量が落ちたからイベント、というように、“打てば響く”条件反射的な取り組みに終始してきました。
どうしてこういうことになったのか?

 逆に考えて見ましょう。
「暗中臆断」以外の方法をとるには何が必要だったか?と。
すなわち、本当に問題を解決するためには何が必要だったか?

 答えは明快です。
なぜ、活性化が必要な事態に陥ったのか?
どうすればこの事態から抜けださせるのか?
そのためには何をなすべきか?

論理的に考え、論理的に手段を講じるべきだったのです。
活性化したければ、そうすべきだったのに、実際に取り組んだのは「条件反射」的な施策ばかり・・・。なぜか?

 答えはハッキリしておりまして、当時、まさか商店街を活性化する=お客を呼び戻すことが論理的に考えなければ解決できない性格の問題だとは思われなかった、からです。
問題はもっぱら眼の前で起きていること、視認できることに限ってとらえられ、駐車場が無い、大型店が進出した、通行量が減った等々が“原因”と考えられ、それぞれの“問題”に“解決策”が講じられました。

 当初は,誰も経験したことの無い街ぐるみの陳腐化―劣化―空洞化のスパイラルですから、そういう対応も仕方が無かったかも知れません。
しかし、それが今日までずうっと50年にもわたって続けられている、というのは如何なものか、ということです。

 もはや、目に見えるレベルの変化に条件反射的に対策を講じることでは商店街の空洞化へのスパイラルを押しとどめ、反転繁盛への道を構築することはできない、ということは全国の取り組みで十分実証されているのではないでしょうか?

 このように考えれば、今なすべきことは、これまでの条件反射的・暗中臆断から脱却、こうすれば商店街は活性化することが出来る、という“活性化への道”をしっかりと描き、“道”を歩むために必要な施策を積み重ねて行く、というあるべき方法を選択することです。
そのためには、商店街をかくあらしめるに至った環境の変化を理解し、変化を新しい事業機会と認識し、さらに事業機会を我が物とするために必要な対策を講じる、という総合的かつ段階的・計画的な取り組みが不可欠であり、これに取り組むためには“理論”が不可欠です。

【仮説試行】:有効性が確認されている理論を武器に状況を判断し、対応策を“仮説”として立てて実行、結果を批判しつつ次の段階へ進む、漸進的方法。
特徴は、①商店街空洞化の過程を論理的に説明することが出来る ②商店街活性化の方法と方向を持ち、活性化実現のシナリオを描くことが出来る ③これまでの暗中臆断的方法がなぜ成功できないのか、説明することが出来る ④商圏に立地しているすべての商業類型を説明することが出来るなど。
これらの特徴は、商店街活性化の実践を成功させるために,採用される理論が持っていなければならない特性です。

 暗中臆断、表層的な変化に条件反射的に対応する“活性化”から一日も早く脱却、「活性化へのみち」を論理的に、自分のアタマで考えて納得できる方法と方向として提唱する“キラリ輝く繁盛店づくりが導く商店街活性化への道”の理論と格闘、暗中臆断から脱却すべき時に至っており、各地で実戦が始まっています。ご承知のとおり。

 浅薄な暗中臆断を反省無く続けるのか、商店街に山積する様々な問題を解決し、各方面から期待されている商店街活性化を実践する仮説試行、キラリの道を選択するのか。
今、問題はこの二者択一としてすべての商店街関係者に突きつけられています。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ