FC2ブログ

承前・経済活力の向上とは



 多くの基本計画が中活法の枠組みを無視、住む人来る人を増やせば
街は活性化するとか、賑わい創出とか、根拠も無いことを好き勝手に
並べ立てているのが基本計画、こんなレベルの取り組みでは活性化
なんか出来るはずが無い。
というのが昨日の結論でした。

 昨日の続きで「経済活力の向上」についてさらに考え、起死回生
の中心市街地活性化への道を探っていきましょう。

「経済活力」という言葉が登場するのは中活法第2条(中心市街地)
において。
その二 趨勢要件
当該市街地の土地利用及び商業活動の状況等からみて、機能的な
都市活動の確保または経済活力の維持に支障を生じ、または、
生じるおそれがあると認められる市街地であること。

つまり、現状を放置していたら都市活動の確保、経済活力の維持に
支障を生じるので、“施策を講じて「持続可能性」を再構築する”
のが中心市街地活性化の本旨です。
ちなみに法には、コンパクトシティとか、賑わいつくりとか、
コミュニティの担い手といった情緒的な文言はありませんね。
法のスキームにおける中心市街地とは、都市の中心部に位置する
商業街区のことですから、商業街区の活性化(持続可能性の確保)
を図る枠組みでコンパクトシティを目指すという一部で見られる
傾向は、とんでもない間違いですね。こういうとんでもない錯誤を
犯すようでは、コンパクトシティはもちろんのこと、商業街区の
活性化も実現出来ません。
この点、コンパクトシティ論者も反対派もスキームの理解では
同じような錯誤に陥っています。
以上については、あらためて関連条項を一読、しっかり確認して
おきましょう。

さて、経済活力について。
経済活力とは何のことか?
あらためて考えると分かっていそうですぐには答が出てこない
のではないか。

「経済活力の向上」は、中活法第二条(中心市街地)に出てきます。
ここでは中心市街地とはどこのことか、都市が中活法のスキームで
活性化のために施策を講じる街区の要件を定めています。

第二条 まるまる引用しておきますね。

(中心市街地)
第二条 この法律による措置は、都市の中の市街地であって、
次に掲げる要件に該当するもの(以下「中心市街地」)について
講じられるものとする。

 一 当該市街地に、相当数の小売商業者が集積し、及び都市
機能が相当程度集積し、その存在している市町村の中心としての
役割を果たしている市街地であること。(集積要件)

二 当該市街地の土地利用及び商業活動の状況等からみて、機能的な
都市活動の確保または経済活力の維持に支障を生じ、または生ずる
恐れがあると認められる市街地であること。(趨勢要件)

三 当該市街地における都市機能の増進及び経済活力の向上を
一体的に推進することが、当該市外地の存在する市町村及びその
周辺の地域の発展にとって有効かつ適切であると認められること。
(効果要件)

 この三つの要件が揃っているところが「中心市街地」であり、
このままでは維持存続に支障を来す「趨勢」を押しとどめ、“市町村及びその周辺の地域の
発展に有効”となるレベルで活性化を実現することが中活法の
取り組みの本旨です。

第一条で中心市街地活性化が“中心市街地における都市機能の増進
及び経済活力の向上”と定義されていますが、内容はここまで
深く理解しておかないと都市全体の活性化を牽引する中心市街地
活性化にはなり得ず、そもそも他の地域に“プラス”効果を波及
出来ないような取り組みでは、そもそも中心市街地の活性化も
難しいのです。

 さて、本論に戻って、「経済活力の向上」について。
二号要件に“経済活力の維持に支障を生じ・・”とあることから
経済活力は維持されなければならないことが自明のこととされて
います。
自明のことになっていますが、その内容は何か、経済活力の向上と
いってもどれくらい向上させれば良いのか、いろいろ明らかに
しなければならない。
このあたりは、当然、経済や都市経営などを専門にしている学者の
守備範囲だと思いますが、ほとんど手つかずです。
計画作成に参加した人たちも。

 “維持に支障が生じるおそれがある”状況を改善することに
なるわけですから、経済活力を“維持可能にする”ことが目的、
維持に支障を生じる趨勢に陥っている経済活力に措置を講じる
ことで維持可能なレベルまで向上させる”ことが経済活力の向上
です。
では向上させるべき「経済活力」とはなんでしょうか。
端的に言えば、都市における経済活動の目的である“付加価値”
を産み出す能力のことです。付加価値は、商業で言えば粗利=
売上総利益にあたります。
中心市街地の一号要件を踏まえれば、中心市街地における経済活力
の向上とは、
①メインになるのは、小売業の付加価値確保能力の活性化
②その到達目標は、当該市街地の小売業が将来にわたって存続
可能な付加価値を実現し続ける
能力を産み出す、ということです。

如何ですか。
ぼんやり、「経済活力の向上」と考えているのと“維持に支障が
生じている小売業をメインとする付加価値創造力を活性化する”
では取り組む内容の具体性で月とすっぽんほど違います。
もちろん、住む人来る人を増やせば良い、非物販の集客施設
設置
すれば良い、そうすれば中心市街地は活性化する、といった漠然
とした世間一般に通用している方向がまったく中活法の狙いから
ずれていることが分かりますね。
そうすると、こういうズレまくりの知識に基づいて作られる基本
計画が役に立つはずがないし、たぶん、こういう知識のレベルで
動く人は、間違いに気づくこともないのではないか、ということさえ
心配されるのであります。

 経済活力の向上とは付加価値創造力の活性化である、と理解
すれば、課題は“進駐組からお客を奪還すること”だということで、
これはもちろん、商業者にとって“やりたい気持ちは山々だが、
とても勝ち目は無い”という思い込みから表面化されなかった
中心市街地活性化の根本課題です。

 都市によっては、中活法のスキームでコンパクトシティを目指す、
というトンデモ路線を採用している例もあるようですが、出来ない
相談、中活法をきちんと読めば分かることです。

いろいろ書きましたが、中活法で一番大切なことは、取り組みの
目的である「経済活力の向上」とは“維持に支障が生じている”
小売商業者の“付加価値創造力(=粗利を稼ぎ出す力)”の活性化
だということ、目標は進駐組からお客を奪還することすなわち、
地域内の所得―消費―所得循環を再構築することであり、この実現
こそが、維持成長に支障を生じている都市全体の経済活力の向上
を牽引する中心商店街の“都市機能の増進”です。

以下余談
当ブログの特徴は、読者が読めば読むほどアタマが良くなること。
自分でそのことを実感出来ること、ですね。
アタマの良さはどこから来るのかと言えば、もちろん、あなたの
アタマの中から現れて来るものであって、他から与えられるもの
ではありません。
アタマはちゃんと使えば“どんどん良くなる”もの、アタマが
ちゃんと働かないと“付加価値創造”は出来ません。
アタマがちゃんと働けば“粗利をちゃんと稼げる仕組み”を作る
のはそんなに難しいことではありません。
「キラリ輝く繁盛店づくり」に参加されている人は実感されている
とおり。
“アタマが良くなると生活が楽しくなる”ことも実感中ですね。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ