地域商店街活性化助成@補正予算

全国商店街振興組合連合会が国からの補助金(平成24年度補正
予算)を受けて資金を作り、商店街組織の活動を助成するもの。
ご承知のとおりですが念のため。
http://www.syoutengai.or.jp/chiiki/

 事業の成果は事業終了後・事業の外に現れなければならない、
特に商店街の現状を踏まえれば、その企画は“個店の経常的な
業績の向上”を実現する内容であることが望まれます。
望まれるというか、内部的には「必須」ですね。

 事業を企画するに当たって肝心なことは、その事業によって
生じる条件を活性化につなげていくために必要な能力(基礎体力)
を組織、個店が備えているかどうか、あらかじめ見極めておく
ことです。どんないい事業を企画しても、その効果を各個店の
繁盛実現に活用出来る基礎体力を持っていなければ、画に描いた
餅に終わりますからね。
このことは、商店街活性化事業を企画するに当たって、当然、
第一に考えなければならないことですが、皆さんの街では如何
ですか。ここで、“これまでの反省を踏まえて基礎体力の向上を
図る”という声が帰ってこなければ、これまでの「不毛の堆積」
として終わっている事業群をこれからも続けていこうとしている
ことになるのですが・・・。

 商店街活性化の目的は、商店街における消費の増大を実現し、
それを通じて「地域に入ってきたお金が域内循環する」システム
を作ることです。お金の域内循環の実現に貢献できなければ、
特段、商店街の活性化に他の商業施設に優先して取り組む理由は
ありませんからね。

 活性化の取り組みは、「所得の域内循環」を実現する方向へ
商店街・個店が確実に変わっていく、という結果が生まれる内容で
取り組まなければ、個店の繁盛も実現出来ません。
個店が繁盛できなければ、結局、どんな大義名分の立派な事業に
取り組んでも商店街の持続可能性を強化向上することは出来ず、
街はやがて“買い物の場”としての機能を失ってしまいます。
活性化事業に取り組んでいるうちに“買い物の場”では無くなった
という悲喜劇に陥らないためには、事業に解決を期待する課題を
ハッキリさせた上でその目的を達成するために適切な事業を企画
することが必要です。

 これまでの経験でハッキリしていることは、
“シャッターの外側でいくら事業に取り組んでもシャッターの
内側(=買い物の場)の活性化にはつながらない、ということ。
商店街の現状は、シャッターの外側限りの活性化事業に何十年も
取り組んで来た結果であることを考えればこのことは否定しよう
のない事実ですからね。直視しないといけません。

 今、取り組まなければならないことは、その事業に取り組む
ことを通じて組合員の基礎体力が確実に強化向上出来る、という
事業に限定して企画・実施すること。その他の事業にいくら
取り組んでも商店街の衰退趨勢を押しとどめ、反転して繁盛に
向かう効果を挙げることは絶対に出来ません。

 出来るかも、という人は“出来るかも”と考える根拠を自分の
頭できちんと考え、納得してからにすべきでしょう。

 事業の成果として「基礎体力の向上」を念頭に置いていない
「活性化事業」は、活性化とは名ばかり、貴重なお金と時間を
浪費しながら、街も個店も疲弊させていくことになります。
どうして断言できるか?
だってこれまでやってきたことですもん、普通に考えれば誰でも
予測できるんじゃないですか。

 さて、上限400万円という自己負担無しの活性化助成金、
上限いっぱい、400万円使い切る事業を企画したとして、その
成果として商店街にどれだけのリターン(売り上げ・粗利)を
見込んでいるのか? これまでのパターンですと「ゼロ」ですね。

売り上げアップ見込みゼロの事業が「販売促進事業」で通用する
のはあまた商業施設があるなかで商店街のそれもリーダーさん達の
間でだけでは無いでしょうか。進駐組の店長なら即刻お役ご免に
なるレベルかと。

 大枚400万円という公費を使って事業に取り組んだ結果、
商店街にどれだけのリターンが発生するのでしょうか。
まあ、使い切ることに意義があるという考えが“常識”になって
いる従来的な執行部ですと、はなから全く期待できないことに
なりますが・・・。

 消耗品の調達くらいは商店街内でやるべきところ、経費節減などと
称して郊外に買いに行く程度の気構え・基礎体力ではいくらお金を
使っても街の活性化はとてもとても。

 事業の取り組む皆さんは、取り組もうとしている事業に取り
組んだあと、商店街と個店シャッターの内側に於いてどのような
変化が起こることが期待出来るか、あらためて考えて見るべき。
どのような種類の事業でも、その気になれば事業が終わった後に
効果が現れる、シャッターの内側にも効果が残る、そういう企画に
することが出来るはず、残された時間は本当に少ないのですから
そのつもりでしっかりがんばるべき。助成金の使い方は、注視
されていることをお忘れ無きよう。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ